« 人工放射能と人類は共存できない | トップページ | グルジア問題は解決するのか »

2008年8月27日 (水)

野球とサッカーの惨敗について

 北京五輪ではプロ野球の惨敗とサッカー男子の惨敗は世界との格差を感じました。野球の場合は「情報処理能力不足」と「選手の人選の間違い」ですし、サッカーは選手も指導者も全然駄目でした。ひたむきさがない惨敗でした。

 これほど国民に失意を与えるスポーツもないだろう。星野仙一氏が来年日本で開催されるWBC(世界野球選手権)の監督候補?お笑いだけにしてほしい。あの人はタレントで無責任な発言するに留めるべきでしょう。身の程をしらないといけない。

 短期決戦は難しい。難しいことをわかった上できちんとチームを構築できる人物を指導者として選任するのが協会の役割であるでしょう。今回は野球も男子サッカーも失敗したということです。

|

« 人工放射能と人類は共存できない | トップページ | グルジア問題は解決するのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/23264605

この記事へのトラックバック一覧です: 野球とサッカーの惨敗について:

« 人工放射能と人類は共存できない | トップページ | グルジア問題は解決するのか »