« 地球時代のリーダーとは? | トップページ | どうなった四川地震の復興 »

2008年9月26日 (金)

汚染米流布の全責任は農水省にある

 そもそも汚染米の最初の「蔵出し」は農水省。その後で悪徳会社が購入し、食用米に姿を変え広く全国各地に広まりました。最近農水省はこの米を使用した末端の食品加工業者や給食施設を公表しましたが、対応がおかしい。

 公表された側は被害者でありますね。被害者が加害者のように言われる根拠を汚染米蔵出し元の農水省が言うことがおかしいと思う。ちゃんと営業保証金をだすつもりはあるのか。

 自分たちの責任はどうなるのか?大臣と事務次官が辞職しましたが、退職金はもらうのだろうか?もしもらうのなら返上し、「被害企業」の救済金に使うべきだろうに。

 なんかすべてが破綻しています。「安全。安心」はお題目のようですね。

|

« 地球時代のリーダーとは? | トップページ | どうなった四川地震の復興 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/23886223

この記事へのトラックバック一覧です: 汚染米流布の全責任は農水省にある:

« 地球時代のリーダーとは? | トップページ | どうなった四川地震の復興 »