« 集成材万能の時代は良いことなのか? | トップページ | WBC監督は日本1監督とか »

2008年10月28日 (火)

真弓氏が阪神監督を受諾とは

 プロ野球阪神教団監督に真弓氏が受諾したようです。「火中の栗を拾う」という表現は阪神の監督になることです。熱烈なファンは時に指導者には大きな精神的な重圧になるからです。

 サッカーの浦和レッズも同じように熱い。エンゲルス監督が成績不振を理由に辞意を表明しているとか。ホームスタジアムは常に5万人のサポーターで埋め尽くされますし。サポーターは既に世界水準のクラブですし。

 阪神も弱い時代が長く続きました。負けても負けても応援してきたファンがたくさんいます。真弓氏はそのファンの力をうまく引き出し、好成績を挙げることができるのか?早くも関心は來シーズンになっています。

|

« 集成材万能の時代は良いことなのか? | トップページ | WBC監督は日本1監督とか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/24783710

この記事へのトラックバック一覧です: 真弓氏が阪神監督を受諾とは:

« 集成材万能の時代は良いことなのか? | トップページ | WBC監督は日本1監督とか »