« ストーブ・リーグもぼつぼつですね | トップページ | タイの民主主義に敬意 »

2008年12月 6日 (土)

どうなるのかだれもわからない

 評論家や政治家もだれも指針を示さない。不安を煽るから株価は下がる一方。不安をあおりサラリーを得るなど不貞な輩ではないか。

 誰も処方箋などはないのです。文明が進歩したというがとんでもない。全然進歩していない。変な社会事件がおこるのは不安な心理があるからでしょう。

 宗教は否定しない。それで救われるのならそれでいい。ただ他人に信仰を強要しないでいただきたい。原理主義になると危険です。テロは武力で制圧できない。アメリカの崩壊はそれを表しています。

 八百万の神の日本とインドが解決策を世界に提示できるでしょう。目先の問題だけではなく、目を世界に向けよう。大きな事を考えておれば、目先の問題も解決すると思う。

|

« ストーブ・リーグもぼつぼつですね | トップページ | タイの民主主義に敬意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/25953133

この記事へのトラックバック一覧です: どうなるのかだれもわからない:

« ストーブ・リーグもぼつぼつですね | トップページ | タイの民主主義に敬意 »