« 11月から不況に突入 | トップページ | 海外旅行はお得といいますが・・ »

2008年12月13日 (土)

道路への投資で景気が良くなるのか?

 高知などの田舎にいますと、道路への投資は必要であるとは思います。特に山間部。大雨ですぐに道路は大崩落します。通行止め規制も多い。確かにこの30年間の道路整備は目を見張るものがあります。結果それにより集落はより過疎化したようですが・・

 経済波及効果はないでしょう。ただ均衡ある国土の発展というインフラ整備の観点からは必要です。道路問題を経済のみの視点で論議するのは不毛です。

 土建工事も最近は機械化されているので、雇用対策にはさほどつながりませんね。経済効果はさほどないでしょう。

 やはり個人消費を促す政策をしないと景気回復にはならないでしょう。減税と通貨の市場への供給を増やす以外にありますまい。

 雇用対策というのであれば、介護職員の待遇改善こそが手早い雇用対策になるでしょうし。

|

« 11月から不況に突入 | トップページ | 海外旅行はお得といいますが・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/26127839

この記事へのトラックバック一覧です: 道路への投資で景気が良くなるのか?:

« 11月から不況に突入 | トップページ | 海外旅行はお得といいますが・・ »