« 偽装もここまでやるのか! | トップページ | インフルエンザの流行が早いですが・・ »

2008年12月24日 (水)

情報を売る商売なんてあるのか?

 自分の持っている情報が売れるのであれば売りたい。とりあえず仕入れ代金は要らないし、自分の中にあるのだからいくらでもあります。しかし何が「売れる」のかわからない。

 生活に困窮しているので売れるものは売りたいのです。でもバーゲンはしたくはない。価値を認めていただける人に適正価格で販売したいのです。

 それが何であるのか。どんな情報が売れるのかわかりません。だから貧乏しているのでしょう。

Pckeitaimm

|

« 偽装もここまでやるのか! | トップページ | インフルエンザの流行が早いですが・・ »

コメント

けんちゃんは、いろいろとたくさんの情報をお持ちですし、考えや意見も豊富にあります。
ですので、『零細企業のオヤジが現代社会に渇を入れる!!』っていうような感じで、面白い本を作成することは十分出来ると思いますよ。
ディスカバー21社の社長は、採用する基準として「その著者が面白いかどうか」ということを重視しているようです。面白い人であれば、引き出しが多くその後の作品が続いていくということからです。文章は編集次第でどうにでもなるのであんまり重視していないとか。
けんちゃんは、十分該当すると思いますね。

投稿: やっしー | 2008年12月25日 (木) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/26445056

この記事へのトラックバック一覧です: 情報を売る商売なんてあるのか?:

« 偽装もここまでやるのか! | トップページ | インフルエンザの流行が早いですが・・ »