« 人間を大事にしてほしい | トップページ | アラブやイスラム社会で根強い反米感情 »

2008年12月21日 (日)

どうなる3大自動車メーカー

アメリカ上院で与党共和党議員の反対で、ビック3の救済法案は否決されました。破綻が現実味を帯び、民事再生法になるようです。影響は大きいでしょう。オバマ次期大統領は早速困難な問題を解決しないといけなくなりました。
 
 年明け前の年末に危機が来るでしょうが、破綻もしかたがないとのことでしょうか。GMとクライスラーに米国政府が緊急融資をして年内の破綻を防ぐことになりましたが、本格対策は来年1月発足のオバマ政権にゆだねられました。

 今年の年初めにこのような事態になるとだれが予想したのでしょうか?好景気に浮かれ、金融投資に奔走していた無能な経営者がこのざまですね。

|

« 人間を大事にしてほしい | トップページ | アラブやイスラム社会で根強い反米感情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/26348049

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる3大自動車メーカー:

« 人間を大事にしてほしい | トップページ | アラブやイスラム社会で根強い反米感情 »