« たそがれ時の米3大自動車メーカー | トップページ | 上原や川上は大リーグで通用するのだろうか? »

2008年12月17日 (水)

どこまで下がる内閣支持率

 先週支持率が30%を割り込んでいる麻生内閣。起死回生策もないようで、だらだらと政権不振を続けておれば、自民党ブランドはおそらく破滅するでしょう。自民党に投票しない高齢者が毎日どんどん増加していますし。

 15日の年金振込み日。「後期高齢者医療保険料」がどーんと差し引かれております。介護保険料もです。自民党はもう終わりです。
 小泉時代の格差社会のつけが全部出ました。

 では他の野党はどうかというと、とりあえず小沢民主党にやらせてみようという意見がだだんと増えてきましたね。
 人気のなかった小沢党首が麻生首相を人気度で逆転したぐらいですし。
 
 この際、社民党や共産党も躍進していただきたい。

 やはりここまでくると政権交代を選挙で実現しないと収まらないでしょう。多少の混乱はしかたがありません。でもなんとかなるし、なんとでもなるでしょう。

|

« たそがれ時の米3大自動車メーカー | トップページ | 上原や川上は大リーグで通用するのだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/26234241

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで下がる内閣支持率:

« たそがれ時の米3大自動車メーカー | トップページ | 上原や川上は大リーグで通用するのだろうか? »