« イスラエルの暴挙は許しがたい | トップページ | 出過ぎる杭は打たれない »

2009年1月19日 (月)

東大安田講堂落城から40年

 1969年1月18日東大安田講堂に立てこもる学生・労働者・新左翼セクト関係者に対し、機動隊が催涙ガスや放水を加え1月19日の夕方全員逮捕されました。あれからもう40年が経つのです。

 当時は中学生。高校入試を直前に控えていました。東大闘争については支持していましたが、闘争のあおりで東大入試が中止になったことで複雑なきもちであったと作文で書いていました。

 私の悪いところは自分の書いた文章や当時の参考文献に執着がなく、全然記録として残していないことです。あるのは自分自身でのかすかな記録。それも断片。

 40年ぐらいすると「総括」がそろそろできるようです。今年はそういう「総括イベント」もあるやもしれませんし。テレビ番組とか。点検する必要はありますね。

|

« イスラエルの暴挙は許しがたい | トップページ | 出過ぎる杭は打たれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/27250794

この記事へのトラックバック一覧です: 東大安田講堂落城から40年:

« イスラエルの暴挙は許しがたい | トップページ | 出過ぎる杭は打たれない »