« 2009年は飛躍する1年になりそう | トップページ | 今回の衆議院議員選挙の意義・目的について »

2009年1月 2日 (金)

2009年はどんな年?

Ushi_3  昨年の2008年はおかしな年でした。前半は空前の好景気であるとかマスコミははしゃいでいました。でも高知は関係なく不景気。後半は一転してアメリカの下品な金融資本が破綻してからつるべ落とし。日本経済も大不況に。」

 夏は猛暑で高知は雨が降らず。大変でした。一転して冬は暖冬傾向にありますが、年末。年始は寒い。

 さて2009年。みな暗い幕開けであると言う。そうだろうか?単に下品な金融資本が破産しただけ。それに引きじられるほうがおかしい。もっと自分を見つめみなやれることからきちんとすれば再建は近いだろう。

 日本人はそれができる。むしろ日本の時代が来ましたね。政治が日本がだめだから、少しきちんとしないと。普段はどうでも良い政治であるが、世界の危機だからここは日本がしっかりしていないと。

 それを今年は経済再建の傍らやろうとしよう。やってみせる。

 今年母は干支。84歳になります。祖父の33回忌が1月13日にあります。義母の13回忌もありますし。

|

« 2009年は飛躍する1年になりそう | トップページ | 今回の衆議院議員選挙の意義・目的について »

コメント

■危機「最も早く脱するのは日本」 麻生首相、年頭の決意-ピザ宅配業界から見た今年の経済動向は?
明けましておめでとうございます。麻生総理は、日本が一番先に、金融危機から立ち直ると年頭の決意を述べましたが、私もそう思います。私のブログでは現在不況にあえぐ輸出産業とは対極的なピザ宅配業の立場から、日本経済の趨勢を考えてみました。ビザ宅配業は、条件を満たせば今年は伸張することが期待できます。今年以降は、足腰の強いところ、消費者の変化に対応した新業態を開発したところが生き残ると思います。日本経済全体も今年の中ごろまでには回復し内需を中心とした拡大に向かうものと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年1月 2日 (金) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/26666237

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年はどんな年?:

« 2009年は飛躍する1年になりそう | トップページ | 今回の衆議院議員選挙の意義・目的について »