« アフガンでアメリカは勝てるのか? | トップページ | 麻生内閣きりもみ墜落か? »

2009年2月28日 (土)

パレスティナ問題は解決するのか?

 イスラエルは総選挙の結果、パレスティナには強硬姿勢をとり続ける野党の右派勢力が連立で多数になり組閣するようです。

 一方のパレスティナでも2年ほど前から選挙でイスラエルの存在を認めないハマスがガザ地区では多数派になりました。どちらも「正当な」民意を反映しています。

 お互いに妥協を認めないのですから戦闘は永続して続く可能性もあります。イスラエルはアメリカが全面的に資金面でも軍事面でも支援しています。一方パレスティナは武器の面では劣勢ですが、地域大国のイランが全面支援しています。

 こうなるとなかなか解決しそうもありません。ただアメリカとイランはアフガニスタンのタリバン勢力とは対立しているようで、敵の敵は味方のような関係になる可能性はあるとか。そのあたりで妥協するのかもしれません。

|

« アフガンでアメリカは勝てるのか? | トップページ | 麻生内閣きりもみ墜落か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/28391034

この記事へのトラックバック一覧です: パレスティナ問題は解決するのか?:

« アフガンでアメリカは勝てるのか? | トップページ | 麻生内閣きりもみ墜落か? »