« 下知地域に公共津波待避施設の建設を | トップページ | 出会いがあれば別れがある »

2009年2月14日 (土)

「地デジ」になぜがコストを払うのか?

 NHKを見ていますと画面の右上隅に「アナログ」であるとか、「BS1アナログ」という表示が出ていますね。デジタル対応でないテレビを見ているとそういう表示が出るようです。

 これは広告技法として有名な「サブミナル効果」と同じ違法なやりかたではないかと思いますね。つまり「脅迫」ではないでしょうか。

タレントの稲垣吾郎なども出てきて「地デジ」にしましょう。なんてキャンペーンをしています。しかしなんだかおかしい。おかしすぎる。

 うちは貧しいのでテレビを買い換える余裕などありません。それでも4台もありますし。週刊ポストの2008年10月17日号によれば「地デジ移行で廃棄テレビ5000万台は環境テロだ」という記事は考えさせられました。

 「なんのため」テレビをデジタル化するのか。既にインターネットがあるのになぜテレビも変える必要があるのかそれが未だにわからない。電波の枠を拡大するという説明だけで負担を国民がしなければならない理由にはならんでしょうに。

 しかも2011年7月24日でアナログ放送は終了します。という告知をしてますね。パンフを熟読しても市民として買い換えるメリットは全然ありませんね。

 「裁判員制度」同様にうれしくない「強制」ではありませんか。週刊誌が取り上げた廃棄物問題も大きな問題であると思います。

 勝手に国のご都合でテレビを変えるというのなら無料で受信機なり、変換機を国民に配布すべきだろうに。アナログ放送で何の文句もないので、見れないなら見れないでどうでも良いと思う。本当にばかばかしい制度ではないかと思いますね。

|

« 下知地域に公共津波待避施設の建設を | トップページ | 出会いがあれば別れがある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/28048294

この記事へのトラックバック一覧です: 「地デジ」になぜがコストを払うのか?:

« 下知地域に公共津波待避施設の建設を | トップページ | 出会いがあれば別れがある »