« 日本を格差社会に貶めた責任をとるべきだ | トップページ | ネットで薬も買えるほうが良いのか? »

2009年3月11日 (水)

どうなる中東和平

Irakumap クリントン国務長官は中東和平に意欲的。特使を2度中東諸国へ派遣しました。鍵を握る国はイスラエルとイランでしょう。イランはアメリカと30年も敵対し国交断行しています。

 今年はイラン革命から30年。アメリカとの対話があるのでしょうか?そのキーはアフガニスタン問題であると思います。

 アメリカの強引な軍事作戦が問題をこじらさせてきました。アメリカは総括するのでしょうか?
 
 イギリスとアメリカの帝国主義政策が中東諸国を翻弄し、経済的な格差を生み出し、結果的にテロの温床になりました。その解決は貧困の解消以外にありません。

|

« 日本を格差社会に貶めた責任をとるべきだ | トップページ | ネットで薬も買えるほうが良いのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/28555409

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる中東和平:

« 日本を格差社会に貶めた責任をとるべきだ | トップページ | ネットで薬も買えるほうが良いのか? »