« 次のウズベキスタン戦が試練 | トップページ | サッカーは国連より凄い平和の道具 »

2009年4月16日 (木)

ようやく解決しそうな中国毒ギョーザ事件

 中国当局が、ギョーザの箱の外から注射器で毒物を注入したのではないかと、調査して言い出しました。最初からその疑いは濃厚でしたが。

 <毒ギョーザ事件>箱の外から注射…中国当局、裏付け実験(毎日新聞)

 事件発生から1年以上。中国の「品質管理」と「消費者保護」の姿勢がこの事件を契機に確立されることを願います。

今年ようやく消費者庁が出来ます。どこまで消費者の立場で「安心・安全」の食が確保できるのか?その正念場です。

|

« 次のウズベキスタン戦が試練 | トップページ | サッカーは国連より凄い平和の道具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/29125445

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく解決しそうな中国毒ギョーザ事件:

« 次のウズベキスタン戦が試練 | トップページ | サッカーは国連より凄い平和の道具 »