« 5月に総選挙はあるのだろうか? | トップページ | 5月に総選挙の可能性 »

2009年4月 6日 (月)

日本の環境対策は本気度がない

 ようやく太陽光発電に補助金が復活し、電気の買取も高く買うようにと政府が電力会社に要請をするようになりました。しかし風力発電には全然補助をしません。これでは自然エネルギー政策とは言えませんね。

 その理由は日本の国策は原子力発電を優先しているからです。原子力を優先すれば、どうしてもバックアップに火力発電が必要になるので、結局環境対策にはなりません。無理です。

 京都議定書の達成は、日本の国策のエネルギー政策を原子力から自然エネルギー(太陽・風力、水力・バイオマス・地熱・潮力)などに変えないと駄目ですね。

|

« 5月に総選挙はあるのだろうか? | トップページ | 5月に総選挙の可能性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/28975693

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の環境対策は本気度がない:

» 太陽光発電ソーラーシステム [太陽光発電ソーラーシステム]
太陽光発電ソーラーシステムの情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 6日 (月) 15時12分

« 5月に総選挙はあるのだろうか? | トップページ | 5月に総選挙の可能性 »