« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

どこまで拡大?新型インフルエンザ

 5月にはいると毎日感染者がどんどん増える。最初は成田空港の検疫のニュースでしたが、突然兵庫県や大阪に飛び火。それも海外渡航歴のない高校生たちがスポーツ大会を通じて集団感染という事例。

 感染ルートもわからず、感染者だけは毎日増加しています。とうとう日本は世界第4位の感染国になりました。大阪知事は医らついていますが、誰にでもどうしようもありません。やはり隔離しかないのです。

 そういえば「チャングムの誓い」でも天然痘が流行したときは、隔離しチャングムが勇気を持って治療していましたし。それしかないと思います。

 国の役目は「感染防止」だろう。公権力はこういうときに行使しなければ意味はありません。
 感染したと思われる人は、隔離施設をこしらえ、1週間隔離生活を行う。精密検査して異常なしと判定したら検疫証明書をだして釈放する。そこまでやるべきでしょう。

さすがに暑くなりだしてインフルエンザは下火になりました。本当に怖いのは今年の秋から冬の季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

楽天は交流戦を乗り切れるのか?

 パリーグの中で楽天の快進撃は予想外でしょう。WBCでも大活躍した岩隈・田中の2投手が獅子奮迅の活躍で大健闘しています。打撃が弱いのを投手力でカバーしています。

 しかしセリーグの今期の上位チームである巨人とヤクルトといきなり対決するのはきつかったとは思いますね。けが人もここへ来て多いようですし。でもそれほど連敗もしませんし。

 仮に交流戦を勝ち抜いたり、五分の成績で乗り切れたら、楽天もチャンスがあります。かつてロッテも交流戦で浮上の機会を掴み優勝までしましたし。

 6月はサッカーはW杯最終予選もありますし、入梅もありますが、スポーツは熱いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

どうなる解散・総選挙

 民主党の新代表・執行部が決まり野党側も新体制になりました。総選挙がいよいよ近づいています。今のところ補正予算が成立する時期の6月か、7月のサミットと都議選挙が終わった8月が有力です。
 
 9月には任期満了なので8月なのでしょうか。この総選挙で与野党逆転になるかどうかが興味ですね。選挙開票を夜中に見るのが楽しみ。

 選挙で政権交代が実現するかどうかが、興味ですね。そうなれば少しは日本は面白くなりますね。

 わたしも40年以来の社会運動も総括し、もう一度社会運動に挑戦したいと思っておりますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

勇気をもって反論をしよう

 いざ自分が独裁者の前できちんと反論が出来るかどうかは、きわめて自信がない。だれもが命は惜しい。むざむざ殺されたくはない。

 「2人の特攻隊員http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-3ffb.html」(大西正裕・著)を読みましてもそのあたりの記述に胸が痛みます。

「特攻なんて、誰だって反対ですからね。しかしいえない。言うだけの材料がない。他にどんな方法があるのか。理論的に言い返すことが出来ない。ですから皆黙ったままでした。1人として反対論を述べる者がいなかった。恥ずかしいことですが。。」(P113)

 「人間を単に1個の爆弾としてしか見ない「全軍特攻」からは、生み出されるのは何もない。そこにあるのはただ精神の荒廃のみである。」(森史郎「敷島隊の五人」文春文庫)(P114)

 連合赤軍も同じではなかったのか。真摯に革命や闘争を皆で考え、追い詰められ僅か30人の集団で仲間同士で「総括」した結果、12人も惨殺した現実。

 それは単に「勇気がなかったんだ!」という言葉だけでは総括はできません。

 わたしもその場におれば、特攻隊の場合でも、連合赤軍も場合でも命が惜しいので、逆らうことが出来なかったと思います。

 現実があり難しいですが、そこまで追いこまれないうちに、勇気を持って反論したいと思います。責任の所在を追及し、理不尽な命令をする指導者を吊るし上げませんと。その練習は日頃からしないといざという時には出来ません。

「組織」を隠れ蓑にして、責任を取らない役所や、政治党派に対して、きちんと正論で相対する練習はしないといけないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

ネットワーク社会の怖さ

 今度のメキシコ発の新型ウィルスはどうなっているのいでしょう。必死で飛行場で検疫体制と隔離処置をしている最中に、神戸や大阪の高校生たちが感染していました。

 海外渡航経験もなく、家族も海外渡航経験もない人たちが次々と感染していて、数がどんどん増加しています。しかも感染ルートがわからない。これは怖い。

 パソコンのウィルスも同じようなもの。どこから来て、どうなっているのか?全世界で30分に1つは新しいタイプのウィルスがつくられているといいます。

 世界的に検疫ワクチンをつくりだすことが、今後のG8なんかのテーマにしませんと。自分勝手な新自由主義が拡大させたこともあります。新自主主義の痕跡を撲滅することが、新型ウィルスの撲滅につながるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

さあW杯へ出場してほしい!

 サッカーW杯2010年大会のアジア最終予選のウズベキスタン戦がアウエーで6月6日にあります。この試合で日本が勝てば日本は世界で1番早くW杯に出場することになります。

 得点力不足が心配な日本。しかも運動量豊富な田中達也の欠場もあるし、玉田の調子も上がりません。FWの決定力があがればもっと安心して試合は見れるのですが・・・

 なんだかんだといわれてもこの試合に勝って、本大会への十分な準備をして、世界を驚かせてほしい。予選は厳しいもの。南米予選ではブラジル・アルゼンチンも苦労していますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

まだ来ないETC

 3月28日にタイヤ館に申し込みしたETC。もうすぐ2ヶ月になるがいっこうに来る気配がありません。どうなっているのでしょうか?

 このETCは結局は道路関係の官僚の天下り会社のぼろ儲け。しかも税金を補填までして。それなら高速道路を無料にし、国道にすれば経済効果は全然あるでしょうし。維持管理のシステムをきちんとこしらえたらいいのですし。

 ETCも最長3年のサービスとか、あとは無用の長物。総選挙で民主党が勝てば、高速道路を無料化するそうですので、ETCはいりません。

 来るのが早いか。総選挙で民主党政権ができるのが早いか?

 なかなか両者良い勝負をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

エコポイントで景気は上向くか?

 久しぶりに家電業界が熱くなっています。それはエコポイントです。高額家電である冷蔵庫や地上デジタル放送対応テレビなどを購入するとエコポイントが5-10%を受け取ることができるとか。

 それとお店独自の割引やクーポンなどがあるので、製品によっては30%引きもあるようです。

 これは消費の「呼び水」にはなるでしょう。今年は総選挙もあるので、夏のボーナス時期までにはっきりするのではないでしょうか。

  うちの場合は貧乏なので買い換える予定はありません。エアコンは21年前ですが、夏は殆ど使用しませんし。冷蔵庫は10年もの。洗濯機は昨年変えたばかり。(壊れたので)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月21日 (木)

復活しろ小野伸二

 ドイツに移籍した小野伸二。今年こそ活躍し、日本代表に復帰するのかと期待していましたが、試合中に大怪我をし、日本へ帰国し治療しているとか。今シーズンは終わってしましました。

 小野伸二はなぜ輝けないのか? 孤高の天才が抱え続ける苦悩スポーツ・ナビ)

 サッカー漫画の「キャプテン翼」を体現した選手は小野伸二であると思っていました。もともと名波選手のファンでしたが、小野伸二はその後継で日本代表を担える選手であると思いました。

 それは小野伸二が中心であった10年前の1999年のワールド・ユースでの準優勝。日本サッカーの成長の証を感じ、出張先でも深夜の中継を懸命に見ていましたし。

 それから10年の間に不幸にも何度も怪我しました。そのつど復活してきましたが、大事なところで何故か活躍できません。

 でも頑張っていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

明日から裁判員制度がスタート

 なんだか「生煮え」の裁判員制度。国民に義務だけ負わし、罰則規定もあるし、なにが国民参加でしょう。裁判の様子をブログに公表することもいけないそうです。実に「面白くない」制度です。即刻廃止すべきでしょう。

 わたしは基本的に拒否します。またその様子を公表します。そうでなければ市民参加ではありません。栽培員制度は偽者の市民参加です。

 
現職国会議員も明確に反対の意向の人たちもいます。

裁判員制度に「参加したくない」79%の声は何を語るか  保坂展人のどこどこ日記 政治、経済、文化を幅広く語る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

 中国はよくやった

  今回の香港での当局の対応は合格としよう。感染者が見つかったホテルを封鎖、検疫官が全館消毒し、客も従業員もホテルのなかに閉じ込め隔離した。不平不満はあろうが正しい措置であると思う。

 香港のホテルが7日間の封鎖を解除へ(日経ニュース)

 さすがに強権の中国のよさが出ましたね。感染が蔓延すればビジネスも観光もないからです。1週間の監禁生活で、暗くなることなくお客同士で仲良くなればいいのですから。「得がたい体験」ですからね。無事に解放されたら大いに痛飲すればよいのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

楽天の強さは本物か?

 5月になっても頑張っている楽天イーグルス。野村監督最後の年というわけでもあるまいが、選手も頑張っていますね。ひょっとしたら、クライマックス・シリーズ出場は可能かもしれませね。面白くなりますね野球が。

 問題は6月にセリーグ球団との交流戦。ここで調子が狂うと夏が来てアウトです。ここを勝ち越しますと、奇跡がおこるかもしれませねん。

 WBCで活躍した岩隈、田中の両投手が踏ん張り、中村、山崎のベテラン野手と若手がかみ合い、野村監督の戦略が嵌れば奇跡が起きることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

収束するのか豚インフルエンザ

 メキシコ発の豚インフルエンザ。感染が拡大し、最高危険段階までもう少しになりました。免疫のワクチンもなく開発に半年はかかるといいます。
 メキシコと隣接するアメリカやカナダで感染者が増加すれば、世界経済に与える影響は大きい。早く対策をしませんと。

 とはいえ5月の連休には大勢の人たちは飛行機でアメリカ各地へ旅行しました。渡航制限を行っていませんでした。いくら成田空港などで検疫をしたところ、感染を防ぐのは無理です。旅行へいかない、いかせない処置も必要でした。

 もし今回の旅行で感染者が見つかった場合の責任はだれなのでしょうか?なんかおかしいとは思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

了見が狭い人たちが多いこと

 最近気が付いたけれども、「了見が狭い」「生真面目だが容量が小さい」人たちの多さに改めて気が付きました。日本の社会運動がひ弱な原因はそんなところにあるのかもしれません。

 生真面目にやれば認められる。社会は必ず良くなる。それは「幻想」であると思います。社会を変えるには変えるだけの思想が必要であり、それは実践し証明しないといけないのです。

 その行動力と実行力がなければ多くは「たわごと」です。わたしは少年時代からその「たわごと」を信じていた時代が長くありました。

 今後は「面白くて有意義なこと」ばかり実行しやることにしました。

Henoko_thumb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

クライスラー破綻の影響は

 3大自動車メーカーの一角のクライスラーが遂に破綻しました。GMへの影響も避けられない。どうなるアメリカ経済。ですね。オバマ大統領は破綻は織り込み済みなのかやけに落ち着いてはいる。

 今後新型インフルエンザの問題といいアメリカ経済からは目が離せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

脅威になってきた豚インフルエンザ

 だんだん世界中で感染者が増えています。なんとも不思議な新型ウィルスではありますね。でも人から人への感染の最中に突然変異で致死性の高いウィルスに変身する可能性もありますね。

 なにせワクチンがないのが怖い。マスクと水と石鹸は余分に買いだめする必要はあるかもしれませんね。

遂にアジアでも感染者が出ましたし。韓国、日本、香港、中国、タイでも出ました。真剣に対策しないといけないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

アメリカの検疫体制は大丈夫なのか?

 今のところ豚インフルエンザに対して、アメリカへの渡航制限を政府はしていません。しかしアメリカ西海岸はメキシコのまさに隣国。地名もメキシコ的でありますし。

 アメリカ・メキシコ・カナダはその3国で自由貿易協定を結んでいると思います。想定以上の人と物の流れがありますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

車は今お買い得なのか?

 このところ車の売り上げは10年連続で右肩下がり。活路を借金大国のアメリカに求め儲けていたのもつかのま、破産経済になったので、自動車メーカーはどこも大変。それは当たりまえのことでしょうに。

 少子高齢化で、昔のように3年ごとに新車を買い換える必要はないし。他のコミュニケーション手段が増えたので車に消費する人がすくなくなった。それは当然の現象。車メーカーが対応しなかっただけ。

 自動車取得税やエコクーポンなど選挙前には飛び出す割引制度。それでも得なのかどうかはわからない。

 もう13年になる車。前がへこんだまですが、走るからいいことにしましょう。

Car1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

パキスタンは危ないのではないのか

 核兵器を保持しているイスラム国家のパキスタン。どうも政情が不安定です。隣国アフガニスタンの治安維持のためにはパキスタン政府がしっかりしないといけないですが、それがまずます不安定。

 爆弾テロや、暴動はよくおきていますし、野党指導者が殺害されたり、治安が不安定。タリバン勢力の増大も不安定要素になっていますし。

 アフガニスタンの安定は隣国のイランとパキスタン次第です。そのあたりはアメリカ一辺倒の外交を日本はしてはいけない。日本はキリスト教国ではないので、フリーハンドで対応できますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

草なき剛の復活は早いかも

 泥酔で逮捕され、拘留され、家宅捜査され、釈放された草なぎ剛。人気者SMAPだけに影響は大きく、謹慎のおかげでお蔵入りしたり、中止になったCMや企画が多いという。それが1番の社会的制裁になっています。

 潔い謝罪記者会見は印象がよかったので、意外に復帰は早いと思います。しかしそれに甘えずいてほしい。お酒はこれを機会に辞めたら良いと思いますね。また結婚もしたほうが精神的に安定するのではないかと思いますね。

 どう今後のキャラクターを再構築するのか?それはそれで興味があるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

豚インフルエンザ対策は大丈夫なのか?

 新型鳥インフルエンザ対策は想定されていたようですが、豚インフルエンザは想定外。しかもメキシコで発生したとは。当然ワクチンもありませんし、新たに開発するには半年以上かかるといわれています。

 これからも蔓延するのか、患者は増えるのか。よくわからないところです。WHOも懸命の対策を急いでいます。厚生労働省のこれも管轄ですが、手腕が問われます。

 マスクの常備はする必要はありますね。自分たちなりの対策は必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

高知市役所は市民の命を守れ

 高知新聞4月27日号「破綻回避へ増税提示」の記事には驚きました。記事のに下知図書館の写真があります。「財政難で改築が先送りされた下知図書館。床にひび割れが見つかった2階部分は閉鎖中だ」とあります。

 記事によると下知図書館は22年、23年度に改築予定が先送りになったという。岡崎市長が住民説明会で釈明されたようですが、私は全く納得がいきません。

 下知地域は自然地形の高台がなく、海に近く地盤は軟弱。地域全体が0メートル地帯です。想定される南海地震では最大深度は7。地盤は最大2メートル沈下。しかも耐震性のある公共建築物は皆無です。逃げる場所がありません。3年前地域で二葉町自主防災会を結成したときも、「近い将来下知図書館が4階建ての耐震建築物になる。それまで自助・共助でやれることをやろう。」と住民同士で励ましあったことでした。

 その期待が無残にも記事で打ち砕かれました。高知市長と高知市議会は全く南海地震対策を怠っているとしか思えません。公助の放棄です。市長が釈明してすむ問題ではないのです。地域住民の生存権の問題だから。同様の低地で安全な避難所がない地域は高知市だけで8万人程度居住しています。

 財政再建で市民に負担を強いるというのであれば、その前に市役所幹部、一般職員の「一時金をすべてカット」すべきでしょう。赤字法人の企業にはボーナスはありません
。借金漬けの高知市の職員がぬくぬくとこの大不況にボーナスを支給されること事態がおかしいと思う。ボーナスカットした資金で下知図書館の耐震建築をしていただきたい。他の地域で市民の命を守らねばならない耐震建築物にも使用すべきです。

 「住民の命と財産を守る」ことこそ行政の最大の仕事なのですから。

Shimozissinsui1946 (1946年の昭和南海地震で下知地域は水没しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 6日 (水)

民主党はどうなるのか?

Minsyukun  せっかくの政権交代の大チャンスであるのに、政治資金疑惑で国民から不信感がつきつけられている小沢党首を辞めさせられない。言い分が正しくても、「存在が不愉快」なのであります。

 早く小沢氏を表舞台から降ろさないと、総選挙では自民党に巻き返され、負ける可能性が個々へ来て出てきました。負けてから「責任をとって」辞職しても遅い。なにもなりませんね。深い失意と政治不信が国民から出るだけですし。

 「政治資金規正法ー改正案。企業・団体献金禁止」のマニフェストと小沢代表の辞任は同時にすべきでしょう。そうすれば民主党は総選挙に勝てるでしょうし。でなければ勝てないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

蚊取り線香は焚きたくないが

 年々蚊取り線香を焚く日が長くなるようです。20度を超えますと蚊が出てきます。特に嫌なのは汗をかいているときに蚊が襲来することです。とても嫌ですね。

 耐えられないです。電気蚊取りは聞きませんし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

SMAPは大丈夫そうですね

 人気男性グループSMAPの草なぎ剛が、公然わいせつ罪で逮捕されたようです。そして家宅捜査され釈放され、4月24日には釈明記者会見が行われ枚s田

 SMAPの草なぎ剛、公然わいせつ容疑で逮捕(サンケイスポーツ)

 そういえばSMAPは随分昔に稲垣吾郎が警察に逮捕されたことがありましたし。4人のグループで逮捕者が2人いるというのもなんだかヘビーではありますね。

 「地デジ」のCMも草なぎ剛は降板するようになるのでしょう。スーパースターゆえにストレスが溜まっていたのでしょう。

警察から釈放されて、謝罪会見がありました。きちんとした対応だっやので、批判が和らぎました。意外に復帰は早いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

東洋町の発展は高知県の発展です

Sawayama422m_r  4月22日は、2007年に東洋町民7割の支持を得て高レベル放射性廃棄物最終処分場の文献調査に反対する候補者が町長選挙で当選された日です。もう2年経過しました。町政も折り返し点です。

 高知県民は2007年4月22日を忘れてはいけないと思います。東洋町民の見識と勇気が、高レベル放射性廃棄物最終処分場立地を国に断念させたのですから。とても大きいのです。

 懸案であり多くの町民の願望であった海の駅東洋町も立派に白浜海海岸に出来たようですね。新しくなってからまだ行っていないのですが訪ねて買い出しに行きませんと。

 最近高知県は「地産外商」とかいい、高知の産物を都市部で販売し「外貨」を稼ごうとしています。しかしそれは東洋町が頑張ったからです。放射性廃棄物処分場が仮に立地し、工事が始まったと連日マスコミで報道されるようになっていたら、都会の人たちは高知県産の農産物や水産物や食品加工品を購入してくれるのでしょうか?とても望めないと思います。放射能の脅威を取り除いていただいた東洋町民に感謝しています。

 高知県の「地産外商」は未だ構想段階ですが、東洋町は海の駅東洋町をこしらえ、高知県の東端で既に頑張っています。
 東洋町の発展は高知の発展なのです。高知県民はそれを忘れてはいけないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

連合赤軍と新自由主義の総括こそ時代を読み解く鍵です

 1972年の連合赤軍事件。ここにいたる過程とその後の日本の社会運動の壊滅と低迷を考えた場合、どうしても総括しないといけないと思いました。真摯で優秀であったはずの若者たちが仲間殺しを行い陰惨な結末に終わったのか。

 連合赤軍事件は日本の社会運動の「ブラックホール」であると私は思う。左翼運動が力を失い「政治に無関心層」を増大させ、深刻な事態になっても街頭へフランスの若者たちのように繰り出せない日本の現実があるのではないでしょうか?

 また「新自由主義」はここ数年日本を席巻し、日本社会のおおらかさ、日本人の特性と良さを奪い、格差社会をつくろい挙げ、アメリカ追随主義の貧困社会を生み出しました。

 環境と人権と地方を破壊する「新自由主義」がどうしてかくも日本にはびこり政権運営までしたのか。それは社会運動が衰退した間隙をついて台頭した身勝手極まりない考え方でありました。
 「自己責任」という言葉は、為政者の政治の放棄。経営者の経営放棄につながる無責任極まりない考え方の象徴でありました。

 今後決別はできるのか。新しい社会の運営はどうあるべきなのか。

 2つの問題を事あるべきごとに考え、今後コメントしていきたいと思います。

 以前2つの問題に個人ブログにてコメントしました。

 今こそ連合赤軍の組織原理・思想的総括を

 「資本主義はなぜ自壊したのか」(中谷巌・著)を読んで

Nakatanihon

 このほかにもいろんな著作もあると思います。今年は「連合赤軍」と「新自由主義」をテーマに総括し、新しい考え方を打ち出し行動することに取り組んでみるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

やはり鹿島のV3か

 過密日程で鹿島が頑張っています。Jリーグとアジア・クラブ選手権と両建てで、週に2回の試合。しかもアウエーは海外で。それでヶ結果を出していますし。

 そのおかげで新人の大迫も試合に出られて結果も出していますし。成長するでしょう。

 やはり今年も鹿島とG大阪の2強対決でしょうか?それにストイコビッチ監督の名古屋がどこまで迫れるか?でしょうか。

 かつての名門チームである横浜Mと磐田の凋落は残念。東京VもJ2から這い上がれませんし。栄枯盛衰ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »