« さあW杯へ出場してほしい! | トップページ | 勇気をもって反論をしよう »

2009年5月25日 (月)

ネットワーク社会の怖さ

 今度のメキシコ発の新型ウィルスはどうなっているのいでしょう。必死で飛行場で検疫体制と隔離処置をしている最中に、神戸や大阪の高校生たちが感染していました。

 海外渡航経験もなく、家族も海外渡航経験もない人たちが次々と感染していて、数がどんどん増加しています。しかも感染ルートがわからない。これは怖い。

 パソコンのウィルスも同じようなもの。どこから来て、どうなっているのか?全世界で30分に1つは新しいタイプのウィルスがつくられているといいます。

 世界的に検疫ワクチンをつくりだすことが、今後のG8なんかのテーマにしませんと。自分勝手な新自由主義が拡大させたこともあります。新自主主義の痕跡を撲滅することが、新型ウィルスの撲滅につながるからです。

|

« さあW杯へ出場してほしい! | トップページ | 勇気をもって反論をしよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/29765380

この記事へのトラックバック一覧です: ネットワーク社会の怖さ:

« さあW杯へ出場してほしい! | トップページ | 勇気をもって反論をしよう »