« 面白くなければ政治ではない | トップページ | 連合赤軍と新自由主義の総括こそ時代を読み解く鍵です »

2009年5月 1日 (金)

やはり鹿島のV3か

 過密日程で鹿島が頑張っています。Jリーグとアジア・クラブ選手権と両建てで、週に2回の試合。しかもアウエーは海外で。それでヶ結果を出していますし。

 そのおかげで新人の大迫も試合に出られて結果も出していますし。成長するでしょう。

 やはり今年も鹿島とG大阪の2強対決でしょうか?それにストイコビッチ監督の名古屋がどこまで迫れるか?でしょうか。

 かつての名門チームである横浜Mと磐田の凋落は残念。東京VもJ2から這い上がれませんし。栄枯盛衰ですね。

|

« 面白くなければ政治ではない | トップページ | 連合赤軍と新自由主義の総括こそ時代を読み解く鍵です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/29368399

この記事へのトラックバック一覧です: やはり鹿島のV3か:

« 面白くなければ政治ではない | トップページ | 連合赤軍と新自由主義の総括こそ時代を読み解く鍵です »