« 楽天は交流戦を乗り切れるのか? | トップページ | 歴代韓国大統領は大変 »

2009年5月31日 (日)

どこまで拡大?新型インフルエンザ

 5月にはいると毎日感染者がどんどん増える。最初は成田空港の検疫のニュースでしたが、突然兵庫県や大阪に飛び火。それも海外渡航歴のない高校生たちがスポーツ大会を通じて集団感染という事例。

 感染ルートもわからず、感染者だけは毎日増加しています。とうとう日本は世界第4位の感染国になりました。大阪知事は医らついていますが、誰にでもどうしようもありません。やはり隔離しかないのです。

 そういえば「チャングムの誓い」でも天然痘が流行したときは、隔離しチャングムが勇気を持って治療していましたし。それしかないと思います。

 国の役目は「感染防止」だろう。公権力はこういうときに行使しなければ意味はありません。
 感染したと思われる人は、隔離施設をこしらえ、1週間隔離生活を行う。精密検査して異常なしと判定したら検疫証明書をだして釈放する。そこまでやるべきでしょう。

さすがに暑くなりだしてインフルエンザは下火になりました。本当に怖いのは今年の秋から冬の季節です。

|

« 楽天は交流戦を乗り切れるのか? | トップページ | 歴代韓国大統領は大変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/29874700

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで拡大?新型インフルエンザ:

« 楽天は交流戦を乗り切れるのか? | トップページ | 歴代韓国大統領は大変 »