« 中国の民主化こそ世界平和 | トップページ | 古家を耐震診断しました »

2009年6月14日 (日)

本当に大丈夫なのか?プルサーマル発電

Ikata (伊方原子力発電所でも「プルサーマル」発電が予定されています。)

 フランスから「プルサーマル発電」用のMOX(ウランとプルトニウムの混合酸化物)燃料を積んだ輸送船が5月18日午前、静岡県御前崎市の御前崎港中部電力専用ふ頭に着きました。

プルサーマルのMOX輸送船、静岡県御前崎港に到着読売新聞)

 そして四国、九州、静岡の原子力発電所へ搬送されました。後は送れて5年後にプルサーマル発電を全国で稼動させるようです。

 確か以前国は多額の費用をかけ高速増殖炉もんじゅを開発しようとしていましたが、結局失敗しています。原子力発電の傍ら出てくるプルトニウムの有効活用は出来ていません。

 核兵器にも転用できるプルトニウムだそうですが、日本は「平和利用」と称し、既存の原子炉でウランと混合してプルトニウム発電を実施します。今回到着したのはその稼動用の燃料です。

 日本の原子力発電から排出されるプルトニウムは桁違いに多い。北朝鮮やイランの核開発で問題になっているプルトニウム。それらはごく少量。日本の場合は北朝鮮、イランより段違いに多いのです。その「プルトニウム」を原子力発電で再度燃焼して「平和利用」するとのことですが、果たして安全なのでしょうか?

6月14日の新聞各紙では「北朝鮮がプルトニウムを全量兵器化」と報道しています。簡単に核兵器に転用できるプルトニウム。お手軽に在来型の原子力発電所で混入して燃焼させることが安心・安全につながるのだろうか?

 輸送中のテロの危険性。運転中の不測の事態。大地震時の安全性。MOX燃料のプルサーマル発電でも高レベル放射性廃棄物は排出されます。それをどこでどう処分するのか?すべてが「見切り発車」です。

 日本はこのように原子力発電に力を入れているため、太陽光や風力、木質バイオマス、水力などの自然エネルギーの活用、エネルギー資源の地産地消には力を入れていないことはわかります。

 いくら「発電時に原子力発電はCO2を排出しない」と言いましても、建設時、燃料運送時、稼動時、及び地震のリスク、廃棄物処理が未解決。という難題を抱え、「見切り発車」する危険性を感じるだけに不安です。

|

« 中国の民主化こそ世界平和 | トップページ | 古家を耐震診断しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/30093940

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に大丈夫なのか?プルサーマル発電:

» 「プルサーマル」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「プルサーマル」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「プルサーマル」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009年6月18日 (木) 08時19分

« 中国の民主化こそ世界平和 | トップページ | 古家を耐震診断しました »