2006年8月20日 (日)

 子育てとニューメディアとの共存は?

西村 今週のゲストは中平公哉さんです。中平さんはパソコンやインターネット事情にも詳しく、FM放送の仕組みなどにも詳しい人です。また「マパはあと高知代表」として市民活動でも活躍されています。
 今日のテーマは「子育てとニューメディアとの共存は?」でお話をお聞きします。

 中平さんは仕事をされる傍ら、子育ても積極的にされて来ました。「男は仕事」という風潮がまだまだ根強いとは思います。実践されてみていかがだったのでしょうか?

中平 私の場合は体を壊して仕事を辞めて、妻と入れ替わりまして、主に夫と書く主夫になりました。それで子育てをしています。自然にと言いますか・・・。
 確かに男は仕事と言う風潮。これには苦しみました。それから直前までは普通に仕事をしていたわけです。ちょっとしたプライドもあった訳ですね。それに逆に苦しめられました。
 ただ実際にやってみてこれは大変なんですね。会社でもお偉方になれるほどの仕事量ではないかと思います。
Nakahira1_r_1 西村 料理などの家事は得意になられましたか?お母さんがたとの交流の中で教わることも多いのではないでしょうか?

中平 僕は昔調理師の仕事もしていました。調理師免許を持っています。そんなことですから結婚当初から料理は私が担当していました。
 料理がストレス解消になっていましたし。そこの部分はすんなりはいれましたが、片付けとか掃除がね。未だに妻に怒られています。
 お母さんとの交流は最初なかなか出来ませんでした。なぜかと言いますと、男が家事をしている主夫が高知では少なかったからです。お母さん方になかなか受け入れてくれなかったようです。
 でも最近いろんな方から「ママ友達」と言えるようになりました。実際にお母さん方から教わることは凄く多いです。家の中のことだけでなく、今お母さん方はたくさんの情報を持っています。なぜかと言いますと、携帯でメールを使うのがとても上手だからですね。
 昔の井戸馬鹿会議が電波に乗ってがばっといっせいに伝達されますから。情報がはやいですね。
 お母さん方の情報源と言うのはなかなか侮れないですね。いろんな場面で役に立っています。

西村 中平さんは、子育て中のお父さん達とのネットワークに携帯電話を活用されていたようです。パソコンではなく携帯電話がなぜ良かったのでしょうか?

Papa5egakupandukuri1 西村 中平さんは、子育て中のお父さん達とのネットワークに携帯電話を活用されていたようです。パソコンではなく携帯電話がなぜ良かったのでしょうか?

中平 子供を育てているとき。小さい子供がいますとパソコンを使うことがとても難しいです。子供が寝ているなと思ってパソコンをつけますと、いちのまにか子供が眼が覚めて、ディスクで動いているものに興味を示して、近寄って来るわけですね。
 キーボート触ったり、電源を抜いたりして壊されてしまいますね。それに比べて携帯電話は片手で操作ができますし、いつでもどこでも操作が出来ますので、やはり大きい理由ですね。

西村 子供が成長するにつれ、パソコンなどのメディアとの付き合い方も必要になります。中平さんの場合はどのようなお付き合いを子供さんたちとはされているのでしょうか?

中平  幼い時代の子供はよだれを垂らします。お知り合いの人ですが、子供に携帯電話を2台駄目にされたと聞きました。よだれや水没(トイレに落とす)などの「事故」「不測の事態」はあたり前ですね。
 子供は先入観なしに興味を持ちますね。それを変に規制するのもなんだと思いますね。ただ危険なこともありますね。電源が入ったままで変なところを触るとか。きっちり危ないことを教えないといけませんね。
 私ももともとメデイァにいた人間です。メディアの有効な使い方については意識しています。子供にとって有益な部分。有害な部分を。
 最近言われていますのは「メディアづけの弊害」です。そのあたりのさじ加減は親がすべきでしょう。
 それから「メディアだから信じて言い」という考え方が絶対にしないようにしてください。今のメディアは100%信じていいのかがありますね。日本人の体質としてマスコミの報道したことは正しいのだと言う感覚が強くあります。
 そういったところをなくします。パソコンでも同じです。悪意のある情報とかがたくさん含まれています。それを「見抜く力」が必要です。
 それを「情報リテラシー」と言う言葉で言い表しますね。情報を自分で判断して取捨選択する能力。年齢に沿って教えて行きたいなと思います。

Nakahira4_r_1 西村 子供とメデイァとのあるべき付き合いはどうあるべきなのでしょう。話は古いですが、ファミコンの時代から、成長期の子供達とニューメデイァの付き合いは問題になっていました。パソコンから携帯電話、ゲーム機など際限がありませんし。
 とっても難しい問題であると思います。関連ある質問で申し訳ありませんがいかがでしょうか?

中平  これは難しい問題です。時代時代のよって子供達に取って、「いいもの、悪いもの」は変わってきますね。言えるのはゲームなどあまりにも集中してしますメディア。熱中して時間を忘れてしまうメディアはやはり時間をしっかり区切ることです。

 そうではなくて例えば、テレビとかDVDとか自然の情感あふれる風景とか。人とのコミュニケーションをどうやって取るべきかとか。
 いろんなものを見ることが出来ます。行かなければ見れない世界各地の風景とか。それを気軽に見ることが出来ます。

 そうした子供達の感性を育てるのにメディアを有効に使うべきですね。それを携帯電話や電子メールだけをよしとする。それだけをコミュニケーションの手段とする。それだけだはなくて、子供達には人と人とのコミュニケーションのありかた、取り方をまず教えます。
 直接人に会えないときの手段として電話があり、メールがあるのです。それをきちんと教えることです。それが基本です。

西村 子育て中のお父さん達との交流のなかでその他気付かれたことなどはありますか?
  お構いない範囲でご紹介下さい。

中平 最近の若いお父さん方は子育てに協力的です。なぜかと言いますと「核家族化」が進んでいるからです。自分達がしないと駄目だからですね。
 そういうお父さん達、お母さん達を地域の人たちが温かい目で見てあげて、出来れば手助けをしてあげて頂きたいですね。
 そうすることによって地域の活性化、少子化に対する「歯止め」になると思います。

 そういう役に立つのではないかと私は思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月13日 (日)

新しいメディアの可能性と心配事は?

西村 今週のゲストは中平公哉さんです。中平さんはパソコンやインターネット事情にも詳しく、FM放送の仕組みなどにも詳しい人です。また「マパはあと高知代表」として市民活動でも活躍されています。
 今日のテーマは「新しいメディアの可能性と心配事は?」でお話をお聞きします。ブログも新しいメディアのひとつです。日本でも利用者は最近800万人を超えました。
 中平さんはブログは今の状態からより進化すると思われますか?どのような形に進化されると思われますか?先行事例はあるのでしょうか?

中平 ブログがどう進化するのかと言われましても予測が難しいですね。一ついえることは携帯電話との親和性ではないでしょうか。
 携帯電話から更新できることは、ブログが更新しやすくなりますね。携帯電話からもブログを見ることが出来ます。そういった使われ方が増えてくると思います。
 先行事例はあるのかと言いますと大変難しいですね。今現在ブログのレンタルサービスの中で携帯電話からの更新が可能である、見ることが出来るサービスをしているところがどんどん増えています。
 このあたりが方向性を示しているのではないかと思います。

西村 私は未だに活用していないのでよくわかりません。ポッドキャスティングも最近普及してきました。ブログとの連動などもあるのでしょうか?

Nakahirakharimaya 中平 もともとブログ自体が、メディア。マスコミに近い感覚で登場してきました。ポッドキャスティングとブログと連動させているところは実際にありますね。
 自己表現の一つとしてブログを活用されている人にとりましては、動画だけでは物足りなくなります。ブログを窓口にしてインターネットラジオへの展開などいろんな形が出てきます。
 ブログと言うものに関してはまだ先は読めません。ただ時代のニーズによって新しいメディアがどんどん開発されてきます。新しく出てきたものはその時代を背負っている。そう考えたほうが、良いかも知れませんね。

西村 新しいメディアはどんどん登場しますけれども、「安全対策」など個人レベルでついて行けるのでしょうか?

中平 このあたりのことが日本の教育で抜けているところですね。確かに小学校でメールの送受信やインターネットの使い方を教えてくれるようになりました。
 簡単なセキュリティの問題や、こういうことはしてはいけませんよということは教えてくれています。でもインターネット上には悪い人もいます。そういう人は高い技術を持っている人もいます。
 ですので、インターネットを開いたときに見るサイト、ポータルサイトですね。そのポータルサイトを悪用した今でしたら「フィッシング詐欺が多発しています」とかきっちりと出して教えて言って頂きたいですね。

西村 「ウィニー」事件は、情報管理のありかたを問う社会問題でした。個人のパソコンで官公庁の公の情報を「共有」するずさんさが問題でした。中平さんはどのように対処すれば良いと思われますか?

中平 仕事で使うパソコンと個人で使うパソコンをわける事が必要であると思います。そして情報というものはいつ外へ漏れるかわからない。そういう危険をはらんでいるものだということを扱う側は認識すべきです。

 100%のセキュリティはありえません。自宅であっても。セキュリティ対策が施された企業であっても、安全ではないと言う危機意識をもつことが大事です。

西村 最近は「フィッシング詐欺」も横行しています。その防止策はあるのでしょうか?犯罪はどんどん巧妙化して来ています。
Nakahira3_r 中平  フィッシング詐欺と言いますのは簡単に言いますと、ホームページを偽装して、パスワードとか、口座番号などを盗み取る詐欺のことですね。
 これもセキュリティの意識があれば見抜くことが出来ます。これは例をあげますと、インターネットエキスポローラというブラウザがあります。その画面の下のほうに鍵のマークがあります。鍵がかかっている状態であれば、セキュリティがかかっています。これはその証明をとるのにお金がかかります。偽装されたサイトはそこまでしていませんから、そういうところから見抜くことも出来ますね。

 そういう情報などが一般ユーザーに伝達されていませんでした。それがフィッシング詐欺の横行になってしまいましたね。

西村 インターネットも生活の一部になり、より存在は大きくなります。中平さんはインターネットの世界との共存をどのように考え、実行すべきなのでしょうか?

中平 まずインターネットは危険なところもあると認識した上で,自分の使う方向に使うことですね。やみくもにあれもできる、これもできると欲張らないことです。
 1つ1つ自分が何のために使うのかをしっかり考えるべきですね。

 それからインターネットがこれからどういう方向に発展していくべきか。これは「ユビキタス」という言葉があります。

 誰でも、どこでも、いつでもインターネットに?がる。それがのぞましい状況です。車でカーナビで最新の情報を知ります。この先は雨で、この先の道路が通行止めということをインターネット経由でいち早く知ります。
 それから更に天気の良いときであれば、ドライブ情報、この先にレストランがありますが、今日のランチメニューはこうですよと言う情報が入ります。どこにいましても欲しい情報が手に入る。

 それはインターネットの危険性も理解してからということになりmす。それが大事なことです。
 インターネットはあくまで「道具」なのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

きちんとした文章でブログを書こう

西村 今週の「けんちゃんのどこでもブログ」(高知シティFM毎週金曜午前8時15分~)のゲストは中平公哉さんです。中平さんはパソコンやインターネット事情にも詳しく、FM放送の仕組みなどにも詳しい人です。また「マパはあと高知代表」として市民活動でも活躍されています。
 今日のテーマは「きちんとした文章でブログを書こう」です。
以前中平さんは「ブログには読むに値する文章を書いている人が大変少ないと思います。」と言われていました。ブログ作成者は年配者の参入が少なく、若い人が多いからなのでしょうか?

中平 ブログと言うものは、どちらかと言うと感覚的に若い人が書いているものが多いですね。そのために自分のためだけに書いてしまう。仲間内だけに受けている。そういう形で書いているので、どうしても文章が仲間内でしか通じないものになります。わかりにくい言葉遣いにもなりますし。
 もう一つは、話し言葉をそのままブログに書いてしまう。このことも問題ですね。ブログは簡単に書ける。日誌風に書く。それはかまいません。意識していただきたいのは、世界中の人が見ているものだと言うことですね。見ることができる場所なんだということです。
 

西村 中学生のときの国語の先生に日記を書く場合は、「後で誰が読むかわからない。それを意識して書きなさい。」と言われたことがありました。相手のことを考えて文章を書く必要性がブログにおいてもあるのですね。

Nakahira4_r 中平 そうですね。読み手のことを考えて書くことは非常に大事なことであると思います。
 私は以前に新聞のほうに原稿を書かしていただいたことがありました。そのときは私自身は話し言葉でなく書きました。読んでいただいておかしくない文章です。それがやはり必要です。

西村 原稿用紙を埋めると異なり、ブログは横書きです。
 いきなりブログの作成画面で文章を書くと、あまり推敲しないので、読むに値する文章にならないのではないでしょうか?

中平 はい。それはあるでしょう。私はあらかじめテキスト・エディタですかメモ帳ですね。簡単な文章はそれにあらかじめ書いておきます。それをブログの作成画面に貼り付けます。コピー&ペーストですね。
 

西村 最近の日本人の「国語力」の問題もあるのでしょうか?それは教育の問題なのでしょうか?読書量の問題なのでしょうか?

中平 これはいくつもの要因が重なっていると思いますね。国語の教育がどちらかと言いますと、後へ後へと追いやられています。
 一番大事なのは「コミュ二ケーション能力」が不足してきていることです。他人とコミュニケーションをとることが、大事であると理解していれば書くこともきちんとできる筈ですね。
 バーチャルな部分のコミュニケーションがとれましても、人と人が会って話をするコミュニケーションがとれない。電話だけ、メールだけということだけではきちんとしたコミュニケーションにはなりません。
 学校の教育もコミュニケーションを取ることよりも、成績をあげるための教育になっていますしね。受験のなかで競争社会になると自分以外は敵で周りとコミュニケーションをとる必要はないわけです。
Nakahira2_r 西村 中平さんがお薦めのブログ、お手本になるようなブログはありますか?あればご紹介下さい。

中平  これは難しいです。ブログ自体が日々変化していますし。今残っているのかもわかりませんし。ただしアーチストやタレントのように人前に出る仕事をされているブログはきちんとした文章が書かれています。
 なぜかと言いますと人から見られていることを常に意識しているからですね。くだけた書き方でも、それなりにきちんとした文章で書かれてあります。そうしたブログは参考にされたら良いとは思います。

西村 アーチストやタレントのブログはご本人が書かれているのでしょうか?誰かが代筆されているのでしょうか?

中平 それはいろいろです。本人がキーボード叩いて入力している人もいます。また本人が話したことを別の方がキーボードを叩くこともあります。これはアートストのスタイルなので色々あると思いますね。
 ブログは出来るだけ生の声を出すものだとわかっていますので、自分の思っていることを書いていると思います・

西村 ブログ以前に文章を書く練習や読書量も必要であると思います。そのあたりはどうすれば良いと考えられますか?

中平 読者は今は嫌いな方が増えてきているのではないでしょうか。ただし読者は「紙に書いたものを読む」ことだけではありません。
 例えば今ですと携帯電話から本を読むことが出来ます。例えばネットニュースであるとか、それを読んで知るだけでも全然違いすね。

 数多くのブログを見ることによって文書力を高めることは出来ると思います。印刷された文字だけではなくて、ネット上のものも含めて、「文字」でコミュニケーションをする。そのことで文書力は増えていくと思います。

西村 辞書を調べて文章を書かなくなったので漢字をうまく使えないようになっているのではないでしょうか?さきほど中平さんが言われましたネットの活用で補われるものなのでしょうか?

中平 補えると思います。わからない漢字などがありましたら、何らかの形で調べると思います。用語についてもです。
 昔は辞書をめくっていました。今はパソコンで検索サイトで調べることができます。携帯電話でもそうしたサービスがあります。そういうものを活用することで、漢字力を高めることも可能です。

 でも実際に私なども漢字を書けといわれましても苦手です。ただし読むことが出来ますのでなんとかなりますね。
 
西村 それなら上手く出来そうですね。組み合わせとネットを活用すれば漢字はなんとかなるのでしょうか>

中平 そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月31日 (月)

ブログが環境を破壊する? 8月4日放送

西村 今週の「けんちゃんのどこでもブログ」のゲストは中平公哉さんです。中平さんはパソコンやインターネット事情にも詳しく、FM放送の仕組みなどにも詳しい人です。また「マパはあと高知代表」として市民活動でも活躍されています。
 今日のテーマは「ブログが環境を破壊する」というテーマでお話をお聞きします。
 中平さんは以前に「ブログは無料で作成できます。作成しておいてほとんどと言うか全然更新されない人が多数います。そのことによって、情報関係のインフラが無駄遣いされていて、結果環境に負担を掛けている。」と言われていました。そのあたりをもう少し詳しくお話下さい。

Nakahira1_r 中平 皆さんは「バーチャル空間」と言う言葉をご存知であると思います。ブログもそれに属しています。ところがブログが置かれていますすのは、パソコンのなかのハードディスクです。
 ハードディスクと言いますのは、中でモーターが廻っています。熱を持ちます。パソコン関係と言いますのは特に温度管理が厳しいので、サーバールームと言うのは1年間を通して24度の温度で空調管理されています。
 更に大手のブログサイトを運営しているようなサーバールームですと、更にクリーン化もされています。そういう環境を維持するためにエネルギーが使われています。
 私自身もパソコンの関係の仕事をしています。小さい企業のサーバーの管理をしています。長机に(180センチ×60センチ)サーバー機が2台、パソコンがウィンドウズが1台とマックが1台とノートパソコンを置きまして仕事をしています。

 それだけでも部屋の中は暑いんです。機器類を冷やす為にエアコンの温度を下げますね。よりパワーを使います。そのために結果化石燃料をどんどん使う結果になるのです。
 全然更新されていないブログがあります。少し前のデータですが全ブログの中の半分が、2ヶ月以上更新されていません。つまり更新されないブログの為に、エネルギーが費やされているのです。これは環境破壊につながるなと私は感じているのです。

西村 殆どのブログサービスが作成、登録は無料です。そのことがいけないのでしょうか?
 メールマガジンなどは「半年間発刊されていないメールマガジンは自動的に廃刊します。」とか登録業者から通知が来ます。そのようになれば良いのでしょうか?

中平 まさにそのとうりであると思います。
 実際にブログは誰でも手軽に使えるサービスなので無料は歓迎です。しかし使われていないブログや、更新されなかったブログがきっちりと削除していく。そのことをブログサービスのサーバー側もユーザー側も認識すべきでしょう。
 バーチャルだからと言っても、実際に使われているのは「サーバーを冷やす為のクーラー代」まで心を配って頂きたいですね。それぐらいの余裕を持ってブログを更新していただきたいのです。

西村 今や日本でもブログ作成人口が800万人を超えました。常に更新されている人はごく一部で、殆どの人が更新していないのでは思われます。ここ1年でブログ人口は2・5倍になりました。問題はご指摘の「環境問題」も含めましておおきくなるばかりですね。

中平 結局ブログのしくみなどを考えなくても手軽に使える環境。それは大変良いことなんです。ラジオやテレビを聞いたり、見たりしますが仕組みがどうなっているのかまでは考えませんね。
 でも中で電気が使われているところまで考えられるかどうか。そういったことを伝えるかどうかですね。それが問題ですね。

西村 なにかその問題を解決する方法手段はありますか?例えばブログが有料になれば作成する人はかなり減るとは思います。

中平 個人の意見ですができればブログは無料で。しかしさきほどけんちゃんが申し上げましたが、メールマガジンと同じように、使用しない期間がある程度過ぎましたら、削除しますよ。とブログサイト側がされると良いと思いますね。

西村 最近のトラックバックスパムが多いです。その多くは、アダルト系のブログです。更新したとほぼ同時に、トラックバックがかかります。業者のほうも高度な技術を持っているのでしょうか?
Harimayasaron02 中平 これはブログの基本的な技術をかれらは利用しています。ブログを作成しますと同時に「更新しましたよ」と情報を世界中にばら撒いています。それを受けて、更新された情報に対して、スパムを書き込んでくるのです。
 これはブログの性質上ですのでどうしようもありません。今はトラックバックスパムを排除するサイトも増えてきています。そういうサイトなどを上手に活用すべきでしょう。

西村 今後ブログはどういう方向へ行くと思われますか?

中平 一時期ホームページ制作がブームになりましたが、長続きしませんでした。それに比べますとブログは携帯電話からも更新が出来ますし、より身近なツール(道具)として活用されると思います。
 あと800万人をブログ作成者が超えたと言いましたが、それはあくまでもレンタルブログサービスだけの数字です。
 それ以外にも社会のネットワーク上(イントラネット)だけに(外部には見えない形でブログを活用する)企業などもあります。それと自分で自作している人もいます。1000万人は超えているでしょう。

 なぜイントラネットのなかでブログを使うのかと言いますと、簡単であるからです。やはり会社のホームページでも個人でも出来れば簡単なほうが良いに決まっています。面倒であれば長続きしません。
 そういう意味では「より簡単に、使いやすく、安全な」ことが今後のブログに求められると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

その他のカテゴリー

うえるぱ高知 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | はりまや橋ブログサロン | まちづくりレポート | アジアの平和 | アニメ・コミック | イレクター関係 | ウェブログ・ココログ関連 | ゲストは中平公哉さん | ゲストは外京ゆりさん | ゲストは松尾美絵さん・下司孝之さん | ゲストは田植光男さん | サッカー論 | スポーツ | セーリング日誌 | チベット人権問題 | パソコン・インターネット | ビオトープと歴史資源の新堀川 | ブログ論 | マスコミ観察委員会 | リスクマネジメント | 住まい・インテリア | 健康問題 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 原子力問題 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 国政問題 | 土佐高知さん出演 | 天木直人さん講演会 | 好浦銧一さん出演番組 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さん講演会 | 島本茂男さん・中平崇士さん出演番組 | 市民参加のありかた | 市民派ブログ | 市民記者クラブ | 平和の問題 | 心と体 | 挑戦半島問題 | 政治家ブログ | 政治評論 | 教育問題 | 教育問題一般 | 文化・芸術 | 新堀川ー環境問題 | 旅行・地域 | 日本国憲法問題 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 東洋町サポータークラブ | 松田高政さん出演番組 | 横山隆一記念まんが館 | 橋本大二郎さん出演番組 | 歩いてみる高知市の姿 | 歴史の問題 | 沖縄を考える | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演番組 | 環境問題 | 県民マニフェスト大会 | 社会問題 | 社会思想 | 社会運動の再構築 | 福井照さん出演番組 | 福祉・バリヤフリー | 竹村直也さん(番組ゲスト) | 経済・政治・国際 | 芸能・アイドル | 若者支援事業 | 行政のありかた | 路上詩人はまじさん | 都市の中の自然 | 都市の姿 | 都市再開発論 | 野本靖さん出演番組 | 防災とブログの活用 | 防錆塗装の話 | 音楽 | 風俗営業法の大改正 | 高レベル放射線廃棄物問題 | 高知の観光問題 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知学研究所 | 高知市政の問題点 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県議会議員立候補者への公開質問状