2006年12月24日 (日)

原子力発電の是非は? 12月29日(金)

西村 けんちゃんのどこでもブログの今回のゲストは外京ゆりさんです。外京さんには「けんちゃんのどこでもコミュニティ」時代に、自力整体や映画東京原発について出演いただきました。また原発問題をテーマに「それがたまるか」ブログも新たに作成されています。
 今回のテーマは「原子力発電の是非は?」でお話をお聞きします。
 外京さんは「さよなら原発ネットワーク」の世話役もされておられます。そもそも原子力発電が必要でない理由はどのようなところにあるのでしょうか?G1_r_4

外京 放射能です。放射能汚染の危険性。どれだけ地球環境上の命を脅かしてきたか。原爆が投下されて以降に白血病や癌が増え続けているのです。
 今の日本は「3人に1人」が癌になります。

西村 日本の電力の3割強は原子力発電所から供給されています。四国はもっと比率が高いかもしれません。原子力発電がなくなると困るのではないでしょうか?

外京 一般市民は全く困りません。現実に東京電力が原子力発電をすべて停止したことがありました。そのときも停電はありませんでした。
 原子力発電は制御が効きません。ですので火力発電や水力発電をセーブしているのです。

西村 プルサーマル計画やMOXはなぜ問題になるのでしょうか?核燃料を再利用することは良いことなのではないでしょうか?リサイクルのようですし。

Genpatuikata1_1_2 (愛媛県伊方原子力発電所)

外京 どう考えましても危険ですね。プルサーマル計画は、核兵器になるプルトニウムを普通の原子炉で、しかも老朽化している原子炉で燃やすと言うものです。
 それはもし制御ができない事態になればどうなるのでしょうか?
高知県民は愛媛県伊方原発の風下にいます。偏西風に乗って、もじ事故になれば放射能が流れ込んできます。大変危ないことです。

西村 最近の世界動向は、石油価格の上昇と、京都議定書の推進ということで、石油や石炭での火力発電を制御し、原子力発電にシフトしているようにも聞いています。フィンランドも原子力発電を再開するようです。
 アメリカも原発建設を再開しましたし、中国では多数の原発が建設されています。そのあたりはどのように考えますか?

外京 原子力産業を牛耳っている人達がどこにいるのかということを考えていただきたいですね。世界中でいろんなモノが「グローバル化」と称して溢れています。
 例えばファーストフードであるとか。タバコであるとか。それから原子力であるとか。世界中に輸出されています。その胴元はそういう人たちであるのか?考える必要があると思います。
 原子力産業が市場として狙いをつけていますのはアジアです。中国にもたくさんこれから原発ができます。日本はそこに技術輸出ということで出向こうとしています。
 でもよく考えてみてください。アメリカのカルフォルニア州では、あの広い国土(州の面積は日本とほぼ同じ)たった2つの原発しかありません。それに比べ日本は、55も原発があります。しかも地震列島です。日本列島は地震がくりかえし起きています。大陸のプレートと、太平洋のプレートがせりあって出来た「地震で出来た列島」です。
 そこに55も原発をつくることは恐ろしいことですね。11月10日の高知新聞の夕刊紙上で高知大学の岡村教授も言われています。「原発のロシアン・ルーレット。どこがはじけても不思議ではない。」ひじょうに危険です。

Hiroshima1945806_thumb_1

西村 エネルギー消費の問題で、電力資源をどうするのかの議論はあるようです。私の個人的な生活に関してお話します。
 今年の夏なんかも大変暑かったですね。私の家では会社の事務所もそうですが、一切エアコンを使用しませんでした。「暑くてこれがたまるか」という生活をしておりました。
 敷布団が暑くで寝れないので、床やたたみの上にそのまま寝ました。そうやって熱帯夜をしのぎました。

外京 素晴らしい生活ですね。

西村 私の場合は都市部に住んでいます。ですので放射熱。他の家からのエアコンの廃熱。車の廃熱。などでたまらないほど今年は暑かったですね。梅雨末期に雨が多かったので、水不足の心配はなかったこともあり、朝晩は道路に「湿を打つ」(水を撒く)ことをしました。
 なんとか耐え抜きました。エアコンを使用せずに。そのかわり汗をたくさんかきました。水分もたくさん補給しました。それが秋口になりますと夏場そんなことで新陳代謝が良くなったのか、体調は良いですね。
 家族皆健康になり高齢者の両親も含め病気一つしなくなりました。自然の摂理にかなったせいかつだったかもしれません。冷房の温度、暖房の温度と言いますが、設定温度を2度程度調整するだけでも大変な省エネになると思いますね。
 

外京 そう思いますね。素晴らしいですね。最近の若者や子供達は自立神経失調症になっている人が多いようです。それはエアコンに浸りきりで、自分で体温調整ができない体になったからでしょう。
 暑いときに汗をかく力もないし、寒い時鳥肌になって寒さを防ぐ体の力もないのですね。それで自律神経が失調してしまうのですね。是非自然の摂理にかなった生活を実践していただきたいですね。
 みながやれば電力消費量は抑えられるでしょうし。

Zirikiseitai3 (自力整体を指導されている外京ゆりさん)

西村 どうしても生活のうえでエアコンが必要な箇所もあります。パソコン作業の場所であるとか。食品の保管であるとか。
 普通の生物は、人間のようにエアコンのなかで生活していません。暑い最中に鳥が飛んだり、セミが鳴いたりしていますね。生物は一番暑い最中に子孫を残す生殖活動を営んでいます。いきものたちが一番元気な時期が夏なのです。
 人間もいきものです。そのことを皆が見直せばいいとおもいます。これから冬になり寒くなります。重ね着をするとか。なるべく暖房を使わない生活をこころがけることですね。
 エネルギーの節約にもなり、生活習慣の見直しにもなると思います。

外京 体は便利なほうに安易に流れてしまいますね。車に乗っている人は体の関節が固まってしまいます。足の股関節も固まりますね。
 これは自力整体の講習でもよく言うのですが、若い人ほど体が固まってきています。体が硬いです。

西村 体を動かさなくても良い社会に生きているので、人間は生き物としての能力が退化したのでしょう。

外京 そう思いますね。早寝早起きの生活習慣。夏は汗をかき、冬は震える生活。それが大事であると思いますね。
 来年からはみなさん実行しましょう。

西村 わたしも1昨年から実行しています。エアコンを使わない生活を実行しています。来年からは身近な生活のレベルからエネルギー問題を見直したいと思います。

外京 よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

高レベル放射性廃棄物とは? 12月22日(金)

西村 けんちゃんのどこでもブログの今回のゲストは外京ゆりさんです。外京さんには「けんちゃんのどこでもコミュニティ」時代に、自力整体映画東京原発について出演いただきました。また原発問題をテーマに「それがたまるか」ブログも新たに作成されています。
 今回のテーマは「高レベル放射性廃棄物とは?」でお話を伺います。
そもそも津野町東洋町で「話題」になりました「高レベル核廃棄物」とはどのような廃棄物なのでしょうか?

G1_r_3 外京  「高レベル」と言いますのは、青森県六ヶ所村現在試験をしています。その再処理をした後に出てくる廃棄物です。日本全国に現在原子力発電所は54基稼動しています。燃やした後の核のゴミをもう一度使用して、使うためにプルトニウムやウランを引っ張り出します。
 その残りのゴミ。リサイクルもなにも取り出すことの出来ないゴミ。それを「高レベル放射性廃棄物」と言います。ちなみにブログでも書きましたが、
ウラン鉱石の場合は、放射能の単位で1キログラム当たり「ベクレル」というものですが、235000ベクレルです。
 それが原子力発電所の燃料のレベルになりますと、116500000ベクレルになります。更に使用済みの核燃料になりますと159兆ベクレルと言う数値になります。と言う形になり指数関数的に放射能の数値が増殖して行きます。とにかく0が12個もつくのですから!
 とんでもない高レベルのものになるのですね。

西村 その単位については詳しくわかりませんが、放射能が強いようですね。そのようなものを計画では地中に埋めて保管して大丈夫なのでしょうか?日本では現在高レベル放射性廃棄物はどうなっているのでしょうか?
Umetatemm 外京 一応具体的な物理学的なことになりますと悩みます。ともかく六ヶ所村に一度集めましょうと言うことになっています。
 高レベル放射性廃棄物と言うのは、プルトニウムとウランを抽出した残りのものを強い酸を使用して抽出します。残りの廃液を硝子硬化体で固めます。大変放射能が強いものです。

西村 愛媛県伊方町の伊方原子力発電所では、プルサーマル計画を実施するとの報道がされていました。そもそも何をすることなのでしょうか?また外京さんは大変危険な計画であるとのことと指摘されていますが、どうなのでしょうか?

Genpatuikata1_4 (愛媛県伊方原子力発電所)

外京 さきほど申し上げました再処理のとき抽出しましたウランとプルトニウムをあわせて「MOX燃料」をつくります。それを普通の(老朽化した)原子炉で燃やします。
 再処理したプルトニウムは計画では高速増殖炉というところでリサイクルをする。資源のない日本では国益にかなった方式であるというのが「核燃料サイクルの考え方でした。高速増殖炉はどの国も難しいと言うことで撤退しました。
 それでプルトニウムが日本ではたくさん出来ます。世界中から「日本は核兵器を大量にこしらえるのではないか」と言われています。それで「プルサーマル計画というものを実施しようとしています。

 プルトニウムは大変危険なものです。核兵器に使用する場合は僅か4キログラムで核弾頭が出来ます。それが日本は43トンもプルトニウムを保有しています。プルサーマルという形で老朽化した愛媛県伊方町の原子炉で燃やした場合、核分裂の連鎖反応がおきます。

 ひび割れの事故も何度もありました。しかも燃焼温度がひじょうに高いです。それを何の設備もしなくて、そのままの従来の原子炉で「制御された核爆発」をしようとしています。危険であるとは思いませんか?

西村 高知県南海地震(しかも巨大地震)がここ30年以内に到来するとも言われています。高レベル放射性廃棄物を地中に埋めても地震では大丈夫なのでしょうか?欧州などでは殆ど地震のない硬い岩盤のなかに埋めているようですが・・。
Kokeitaimm_2 (高レベル放射性廃棄物を入れる容器。ガラス固形体。2020年には日本では14000個排出されると言われています。

外京 実際には埋めてはいません。岩塩抗跡の竪穴に「保存している」状態です。それは土の中にはまだ知られていないバクテリアがいまして金属を食べてしまうからですね。水も腐食性物質です。硝子固形体のまわりは金属で覆います。しかし高レベル放射性廃棄物は熱いので金属も厚く覆えません、厚く覆うと熱が冷めにくいからです。薄いと金属が腐食する可能性があります。5年持たないだろうとも言われています。放射能漏れが起こる可能性があります。
 ですのでトンネル内に放置はしていますが、土中には欧米でも埋めてはいないのです。
 東洋町あたりは活断層も近くにありようです。また陸地の近くの海はすぐに深くなっていまして1000メートルの水深があるようです。
 波乗りにいいのですね。

Murotomisaki (高知県室戸岬の海岸)

西村 深いから海洋深層水も採れるのですね。あのあたりで。
 外国では固い岩盤の、岩塩抗跡に埋め込んでいるようですね。火山国で地震国である日本に適地はあるのでしょうか?

外京 全く「正気の沙汰ではない」と海外の学者は言っています。

西村 ある原子力関係の書籍には「高レベル放射性廃棄物施設には2キロ四方の土地が必要。建設費は1兆円。60年間の廃棄物管理費は2兆円」と算定されていました。どう考えればよろしいのでしょうか?

外京 そんな短い時間で高レベル放射性廃棄物が無害になる筈がありません。高レベル放射性廃棄物はたくさんの放射能を出す物質が含まれているのです。
 ものによりましては1万年、10万年。100万年経過し反応がようやく人間にとって安全なものになるようです。「100万年の単位が必要である。」とも言われています。
 高知県のようにほぼ100年単位で定期的に地震が起きているところです。そういうところへ埋めるということはありえないと思います。
 

西村 そこらを県民は冷静に考えるべきでしょう。

外京 特に東洋町辺りは特に地層運動が活発です。室戸の東側は2キロ先の海の深さが1000メートルもあります。だから海洋深層水も採れます。
 激しい地震活動が起きることがわかっている地域に高レベル放射性廃棄物を埋めるなどということはとんでもないことです。

Kouchinews1 (地元新聞にも原子力発電所と地震との関連性を心配する特集がされています。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

津野町と東洋町の動向について 12月15日(金)

西村 けんちゃんのどこでもブログの今回のゲストは外京ゆりさんです。外京さんには「けんちゃんのどこでもコミュニティ」時代に、自力整体や映画東京原発について出演いただきました。また原発問題をテーマに「それがたまるか」ブログも新たに作成されています。
 今回のテーマは高レベル核廃棄物問題で注目されました「津野町と東洋町の動向について」お話をお聞きします。
 津野町は町長が記者会見をされて「高レベル核廃棄物施設の誘致はしない。」と言われました。その後の動きはどうなっていますか?町民の反応はいかがでしょうか?

外京 詳しいことは私にはわかりません。噂として聞こえてくるお話では、推進派の町議さんたちが、未だ青森県六ヶ所村にツアーを組まれて出かけているということだそうです。
 まだ諦めていらっしゃらないのでしょう。町長は「終息宣言」を出されました。10月30日のことです。推進派の議員さんたちは諦めてはいないとのことです。

西村 東洋町はどうなっているのでしょうか?あまり情報は入っては来ませんが。東洋町に隣接している徳島県の市民の反応はいかがでしょうか?

G1_r_2

外京 聞こえてくる噂では、津野町のように住民が組織立った動きをしていません。どちらかといいますと高知県文化圏と言うよりは、インフラの整備状況の関係で、徳島県文化圏ですね東洋町は。
 それで徳島の県民のほうが積極的に反対しているように聞こえてきます。東洋町はなぜかひっそりしています。

西村 高レベル核廃棄物施設の場合、調査段階でも多額の交付金が地域や周辺町村に交付されるようです。その仕組みはどのようになっているのでしょうか?

外京 「電源三法」というのがありまして、その財源と言いますのは政府の特別会計と、電力消費者の電力料金に加算されています。それを財源としまして交付金があります。
 ですから皆さんが電気をふんだんに使っている場合は、そのなかにちゃんと原子力発電環境整備機構(通称NUMO)のほうに献金するしくみが出来上がっています。
 電気を使えば使うほど、NUMOの交付金の中で原子力発電推進の為に利用されるようになっています。
 Genpatuikata1_3  
西村 なるほどしくみはよくわかりました。交付金はどれくらい「手を上げた自治体へ降りてくるのでしょうか?

外京 応募した時から今までは年間2・1億円でした。来年度からはなんと5倍の10億円。2年間で20億円入ります。
 その後さらに年間20億円。3年から4年わたり最高70億円が交付されるようです。
 それに加えて最近改正されたうようですが、知事にも年間12・5億円。2年間で25億円交付されるような仕組みが出来上がっています。

西村 多額な交付金が「手を上げた」自治体に交付されることは理解できました。今は国は財政難。補助金を削減している最中で、高知県などはそれにより苦しんでいますね。過疎高齢化で財政基盤が弱いです。
 その弱い自治体には大変魅力的なお話のようにも聞こえます。「実はそうではない」と外京さんは思われているようですが、そのあたりはどうなのでしょうか?

Kokeitaimm (硝子個形体に高レベル核廃棄物は入れられるそうです。)

外京 そもそも「高レベル廃棄物」というものは地層処分をして安全な状態になるのに100万年かかると言われています。100万年かかるのに当該自治体に100億円交付されたとしましても、100万年で割り算したら計算できますか?採算が取れないと思いませんか?
 一定の期間(100万年)も危ないものであるのに、一度応募してしまえば引っ込めないのです。それは「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」というところで決められています。
 意見は聞くけれども、その意見は専門的な意見。つまり地層処分にあたってのこうこうしてほしいという意見だけは聞く。もう危ないから辞めた。という意見は一切聞きません。

西村 応募し手を上げてしまえば、原子力の機関なりが認定してしまえば、後へ戻るとか、辞めるとかは一切出来ないのですね。

外京 そのとうりです。

西村 日本では高レベル廃棄物の処理場として決まった場所はにないのですね。

Genshi6 (青森県六ケ所村の原子力施設)

外京 自治体として正式に応募したところは今の段階で全くありません。ただ水面下で大阪府の能勢町、滋賀県の余呉町、そして高知県の東洋町ですね。そのあたりが手を上げかけている段階ですね。

西村 お話の中で都道府県知事の話も出ました。橋本高知県知事はどのような考えなのでしょうか?県議会などはなにか動きはありますか?

外京 橋本知事は個人のブログの中で「札束でほほをたたくな」のなかで、国がお金をちらつかせて地方の財政難に陥っている地域を揺さぶるという。危ないものを持って来ることはおかしい。と書いておられました。
 それ以降は知事さんの考え方はわかりません。県議会のほうは定例県議会のなかで議員にお願いはしましたがまだお返事をいただいていません。

西村 県民としてなにか出来ることはあるのでしょうか?

外京 県議会で「核のゴミはいらない条例」をこしらえていただいたらいいですね。実はその動きをしているのは人形峠のウランの問題で揺れた岡山県です。それから最終処分の研究所がある岐阜県です。そういう動きがあり北海道では既に出来ています。

西村 なるほど「核のゴミはいらない条例」を制定すれば県民も啓発されるのですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 6日 (水)

それがたまるか!ブログについて 12月7日(金)

  金曜日にメインのパソコンがちゃがまり(土佐弁でクラッシュし)、データがおかしくなっていました。今週金曜日放送分はこの原稿です。

西村 けんちゃんのどこでもブログの今回のゲストは外京ゆりさんhttp://www.nc-21.co.jp/dokodemo/gesuto6/gekyou.htmlです。外京さんには「けんちゃんのどこでもコミュニティhttp://www.nc-21.co.jp/dokodemo/index.html」時代に、自力整体http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/whatnew1/gekyou/gekyou1.htmlや映画東京原発http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/whatnew1/gekyou/gekyou3.htmlについて出演いただきました。
 今回のテーマは「それがたまるか!ブログについてhttp://geki1015.cocolog-nifty.com/blog/」です。10月22日に開設したブログです。「高レベル核廃棄物問題」に「特化」したブログのようです。
 開設以来アクセス数が多いように聞いています。外京さんは以前「まっことえいねえ」のブログを作成されていました。反応の違いはありましたか?

外京 「もっことええねえhttp://blog.livedoor.jp/geki716/」のブログですが、アクセス数がわかりませんでした。それと月に1度程度しか更新していませんでした。全然違います。
 「それがたまるか」は全然違います。最高で1日に6回更新しました。その分アクセス数が多くなったと思います。
 ちなみに開設して17日目に成りましたが、3000アクセスを超えました。

G1_r_1 西村 17日間で3000と言えば大変な数字ですね。

外京 自分でもびっくりしています。

西村 ブログ作りについてです。外京さんの情報はどういうところから入手され、またいつブログを作成されているのでしょうか?

外京 昨年の「東京原発」上映会の前後に高知シティFMに来ました。そのおり原発関係の書籍をたくさん読みました。東京原発実行委員会http://japan.nonukesasiaforum.org/japanese/japan/tokio04.htmで「勉強会」と称して読みました。
 だいたいそのあたりの情報が元になっています。更に「原子力情報室http://cnic.jp/」だとか、もろもろの資料などから時機を見て情報を入手しています。

西村 関連情報をブログに盛り込まれてれているとのことですね。今回のブログではアクセス数が以前のブログより増加したようにも聞きました。また外京さんのブログにアクセスしてこられる人からで得られたことも多いのではないでしょうか?

外京 アクセスしてきた人の情報と言うよりも、いろんなホームページやブログにコメントを書いたり、トラックバックをしたりしました。リンクもしました。
 それをしていますと、わたしの書いた記事ばかりでなく関連情報のリンクを見るために訪れて来て頂く人も多いようです。関連情報が「それがたまるか」ブログで手に入るということでたくさんの人達が見てくれているようです。

西村 そうしますと外京さんが作成されているブログと同じようなテーマでされているブログがあって、そこへトラックバックをかけて、そのブログを見ている人が外京さんのブログも見に来るというのでしょうか。
 
外京 ブログというよりか、原発関連の情報を開示しているホームページがたくさんあります。支援者サイトのところへ並んでいますが、基本的な情報などに興味をおもちのかたは、法律であるとか行政のしくみなどをブログの中で「高レベル核廃棄物」に特化したようなサイトを作成されています。
 そういうこともあるので、有益な情報もたくさんありますので、私のブログからたくさんアクセスできると思います。

西村 外京さんのブログ「それがたまるか!」ですが、実際にコメントやトラックバックなどは増えましたか?また外京さんから前半も聞きましたがトラックバックをされることもあるのでしょうか?

Genpatuhonn1_r 外京 トラックバックはまだそんなに増えてはいません。コメントもそれほどでもありません。一番嬉しかったのは東京で「六ヶ所村ラブソティ」の映画を作成されている鎌仲ひとみさんや支援者の皆さん方が、「東京でも津野町を助ける為に署名活動をしています。」とコメントをいただいた時は嬉しかったですね。
 
西村 外京さんのブログはニフィティのココログブログhttp://www.cocolog-nifty.com/about/index.htmですね。だいたい毎日更新していますと、更新したブログは見出しの部分だけ掲載されます。全国のブログ一覧コーナーがありますね。そこで目に付くような言葉で書きます。
 自分の関心のあるテーマであれば、知らない人のブログも見まして、トラックバックをかけたりします。コメントを入れる人もおられますね。ですのでブログは自分の知り合いだけが見るのではなく、全く知らない人が、秒単位で更新されるブログの記事を見ているのですね。
 見出しだけ見て、1行だけ表記されますが、それを見てコメントやトラックバックをされているのですね。

外京 そういう方はいわゆる「迷惑トラックバック」をかけてくる人もおおいのではないでしょうか?

西村 トラックバック・スパムはある程度はしかたがないですね。彼らはプロですし、自動的にブログのアドレスを収集しています。更新したとたんにトラックバック・スパムが送りつけられてきます。
 結局ブログを更新したときpingのシグナルが全世界に出ます。外京さんがブログを更新(投稿)下とたんに察知され、トラックバックスパムがやってくるのですね。自動化されているようです。これは防ぎようはありません。必要悪ですね。
Genpatuikata1_2 外京 ココログブログは「コメントやトラックバックを禁止する」機能があり、同じIPアドレスと同じ名前のブログからのコメントやトタックバックの受信を拒否する仕組みがありますね。来ればすぐ削除しています。
 前のブログはそういう機能がありませんでしたので、随分助かっています。

西村 ライブドアブログhttp://blog.livedoor.com/ではそういう機能がありませんでした。
外京さんがお気に入りのブログやサイトがあればご紹介いただけますか。

外京 「まぐろのあたまhttp://www.makoto.ne.jp/weblog/cat50/」というブログがあります。私のブログ「それがたまるか!」にリンクしてあります。「支援者サイト」のコーナーにあります。
 これは行政や法律関係に大変詳しい方で、高知の「核のゴミ捨て場」に関して何度も書いていただいています。法律的な問題もきちんと説明していただいていますので、お勧めのサイトです。
 それから海外のサイトですが、モレさんhttp://www.stop-hamaoka.com/news/moret.htmlの講演会以来ですけれども、ある環境保全団体でした。ジンベエサメをyou tubeで動画で見せていただくサイトもありました。大変興味を持ちました。

西村 市民活動もブログを通じて今まで以上にどんどん広がる可能性があるというのですね。

外京 そうですね。いろんな可能性がありますね。そんな段階です。今は時間的な余裕がありません。「お!」と思うだけですけれどもブログの可能性はいっぱいあるのだと思いました。

西村 カテゴリー(分野)ごとに投稿記事が整理されるので、後々記録として活用出来ますのでブログは便利な道具です。
 原発を推進する側のホームページや関連サイトのリンクや分類もされているのでしょうか?

外京 丹念にリンクやサイトの紹介もしています。原発がどのようなしくみで動き、立地稼動しているのかを市民は知る必要がありますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

うえるぱ高知 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | はりまや橋ブログサロン | まちづくりレポート | アジアの平和 | アニメ・コミック | イレクター関係 | ウェブログ・ココログ関連 | ゲストは中平公哉さん | ゲストは外京ゆりさん | ゲストは松尾美絵さん・下司孝之さん | ゲストは田植光男さん | サッカー論 | スポーツ | セーリング日誌 | チベット人権問題 | パソコン・インターネット | ビオトープと歴史資源の新堀川 | ブログ論 | マスコミ観察委員会 | リスクマネジメント | 住まい・インテリア | 健康問題 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 原子力問題 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 国政問題 | 土佐高知さん出演 | 天木直人さん講演会 | 好浦銧一さん出演番組 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さん講演会 | 島本茂男さん・中平崇士さん出演番組 | 市民参加のありかた | 市民派ブログ | 市民記者クラブ | 平和の問題 | 心と体 | 挑戦半島問題 | 政治家ブログ | 政治評論 | 教育問題 | 教育問題一般 | 文化・芸術 | 新堀川ー環境問題 | 旅行・地域 | 日本国憲法問題 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 東洋町サポータークラブ | 松田高政さん出演番組 | 横山隆一記念まんが館 | 橋本大二郎さん出演番組 | 歩いてみる高知市の姿 | 歴史の問題 | 沖縄を考える | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演番組 | 環境問題 | 県民マニフェスト大会 | 社会問題 | 社会思想 | 社会運動の再構築 | 福井照さん出演番組 | 福祉・バリヤフリー | 竹村直也さん(番組ゲスト) | 経済・政治・国際 | 芸能・アイドル | 若者支援事業 | 行政のありかた | 路上詩人はまじさん | 都市の中の自然 | 都市の姿 | 都市再開発論 | 野本靖さん出演番組 | 防災とブログの活用 | 防錆塗装の話 | 音楽 | 風俗営業法の大改正 | 高レベル放射線廃棄物問題 | 高知の観光問題 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知学研究所 | 高知市政の問題点 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県議会議員立候補者への公開質問状