2009年6月14日 (日)

本当に大丈夫なのか?プルサーマル発電

Ikata (伊方原子力発電所でも「プルサーマル」発電が予定されています。)

 フランスから「プルサーマル発電」用のMOX(ウランとプルトニウムの混合酸化物)燃料を積んだ輸送船が5月18日午前、静岡県御前崎市の御前崎港中部電力専用ふ頭に着きました。

プルサーマルのMOX輸送船、静岡県御前崎港に到着読売新聞)

 そして四国、九州、静岡の原子力発電所へ搬送されました。後は送れて5年後にプルサーマル発電を全国で稼動させるようです。

 確か以前国は多額の費用をかけ高速増殖炉もんじゅを開発しようとしていましたが、結局失敗しています。原子力発電の傍ら出てくるプルトニウムの有効活用は出来ていません。

 核兵器にも転用できるプルトニウムだそうですが、日本は「平和利用」と称し、既存の原子炉でウランと混合してプルトニウム発電を実施します。今回到着したのはその稼動用の燃料です。

 日本の原子力発電から排出されるプルトニウムは桁違いに多い。北朝鮮やイランの核開発で問題になっているプルトニウム。それらはごく少量。日本の場合は北朝鮮、イランより段違いに多いのです。その「プルトニウム」を原子力発電で再度燃焼して「平和利用」するとのことですが、果たして安全なのでしょうか?

6月14日の新聞各紙では「北朝鮮がプルトニウムを全量兵器化」と報道しています。簡単に核兵器に転用できるプルトニウム。お手軽に在来型の原子力発電所で混入して燃焼させることが安心・安全につながるのだろうか?

 輸送中のテロの危険性。運転中の不測の事態。大地震時の安全性。MOX燃料のプルサーマル発電でも高レベル放射性廃棄物は排出されます。それをどこでどう処分するのか?すべてが「見切り発車」です。

 日本はこのように原子力発電に力を入れているため、太陽光や風力、木質バイオマス、水力などの自然エネルギーの活用、エネルギー資源の地産地消には力を入れていないことはわかります。

 いくら「発電時に原子力発電はCO2を排出しない」と言いましても、建設時、燃料運送時、稼動時、及び地震のリスク、廃棄物処理が未解決。という難題を抱え、「見切り発車」する危険性を感じるだけに不安です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月14日 (土)

柏崎刈羽原発は本当に大丈夫なのか?

 新潟中越沖地震で被害が出た柏崎刈羽原子力発電所。このたび安全運転がOKということで稼動するらしい。その矢先にまた心配事が・・・。

 柏崎刈羽原発:住民、火災頻発に疑念噴出 柏崎市と保安院の7号機説明会 /新潟(毎日新聞)

 不審火かもしれませんね。そうであれば原因の探求が必要です。あいまいな解決策は駄目ですね。安全が担保されない限り運転を再開してはならないと思いますね。

 活断層のすぐ近くとも言われていますし。まだまだ安心はできませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

投票行為で政権交代は必要

 日本では今まで選挙で国政レベルの政権交代はありませんでした。戦後長くにわたり自民党が政権を担当してきました。

 単独過半数が取れなくなると、どこかの政党と連立し巧みに政権を維持してきました。でもお終いにしましょう。一度は選挙で政権交代しませんと民主主義は機能しませんし。

 民主党も立派な政党ではありませんが、一度政権を担当したら替わります。自民党も選挙で破れて野党になれば、改革は進むでしょう。自民党も新陳代謝が盛んになりよくるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

資源エネ庁とNUMOは新聞を買収するな!

Nknumomm  高知新聞。全面広告で「エネルギーキャラバン」の翼賛記事が1面に。さる10月8日高知市のかるぽーとで開催された内容を広告記事にしています。

 詳しくは、それがたまるかブログの「高知でエネキャラバン」記事を参考に。

 今年の2月に高松市で開催したイベントも四国新聞社に広告を出し、高レベル放射性廃棄物最終処分場の地層処分は安全であるという一方的な宣伝のためのものでした。

 参考ブログ記事「高レベル放射性廃棄物ー国は真剣だし必死

 確かに最近の高知新聞を見ましても広告欄は身内の高新企業や、出版部、旅行部などの広告の穴埋めが目立ちます。この不況の時期に全面広告をしてくれる資源エネルギー庁なり、NUMO(原子力発電整備機構)などの存在が有難いことはわかります。

 しかし高知県にとっては、とんでもない「迷惑施設」であり、昨年東洋町の町民の皆様方の良識があったので高知の海と自然が守られたのです。「土佐のお客だ」「龍馬の観光だ」と浮かれているだけでなく、きちんとした社会問題意識を関係者は持たないと駄目です。

 地方新聞社では「骨のある」高知新聞社であると思っていましたが、なんだ「お前もか!」とがっかりしました。

Knenemm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

米国下院議長が原爆慰霊碑の献花したことは良いこと

 9月2日にアメリカ下院のぺロシ議長が広島市で開催されていたG8(主要8カ国)下院議長会議に参加されていましたが、会議に先に各国の議長らとともに原爆慰霊碑に献花したそうです。

 米下院議長が原爆慰霊碑に献花

 (中日新聞)

 とてもよい事であると思います。アメリカ政界で大統領、、副大統領に次ぐNO3の下院議長が広島原爆慰霊碑を訪問したことはとてもよい事です。
 またぺロシ議長はオバマ民主党大統領候補を早くから支持しており、アメリカ政界に与える影響も小さくありません。

 原爆投下を頑なに正当化するアメリカの態度を改めない限り世界に平和は来ませんので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

人工放射能と人類は共存できない

Hirosimanagasaki

 映画「ヒロシマ。ナガサキ」を3回見ました。63年前の現実ですが、つくづく核と人類は共存できないと思います。

 8月16日に「原発は地球を救わない」(講師 原子力資料編集室共同代表伴英幸氏)のなかでこういわれていました。

 「人類が避けられない天然の放射能の被爆があります。それに加えて原子力発電所や原子力潜水艦などからの放射性物質が放出されています。放出は微量で人体に影響はないとよく言いますが、天然の避けられない被爆と加算されるので、そんなはずはありません。」

「原子力発電所の近くの地域では白血病や小児癌の発生率が高くなります。関係がないはずはありません。」と原発の安全神話に警告をされていました。

 放射能は生物に有害無益です。核兵器や原子力発電所も有害無益なものであります。廃棄のプログラムを構築しないといけないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

候補者の支持ポイントはエネルギー政策

Manga193   次期衆議院選挙への立候補を表明している無所属の橋本大二郎氏は6月30日に新党結成を目標にした政策を東京で発表したそうです。高知1区でせずに何故東京で発表したのか?市井の市民には意図はわかりません。

 橋本・前高知県知事、新党の基本政策で「大二郎の旗」(讀賣新聞)http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080701-OYT1T00058.htm?from=navr

〈1〉権限、財源を全面的に地方に移行した「地域自立型国家構造」

〈2〉憲法の平和主義を基にした国際貢献

〈3〉「構造改革」の継続と経済成長

〈4〉行き過ぎた市場主義による格差問題の解消と少子高齢化社会に対応した安心できる 暮らしづくり――を目指すとした。(讀賣新聞ネット版より引用)

 何故地元ではなく東京で会見をしたのか?またなぜ既成のマスメディアを使用したのか?何故自分のブログ「橋本大二郎ですがあるのにそれを休載したのか。なぜブログで詳細に政策を発表しないのか?疑問だらけです。

 ブログで報告はしていますが、詳細は会員になっていただければ冊子を渡しますとあります。政治資金も稼ぐ必要があるので当然といえばそうでしょうが、政策は広報しても良いとは思いますが。そのあたりの戦略は見えませんね。

 橋本大二郎さんを含めた4人の候補者が高知1区選挙区から立候補予定しています。
 わたしは以前「平和・護憲・反核」の理念とした社会運動を展開したいと言いました。その理念からしますと、「エネルギー政策が」支持・不支持のポイントです。

 原子力発電所をどうするのか。エネルギー問題をどうするのか。環境問題をどうするのか。そのあたりです。

 昨年東洋町での高レベル放射性廃棄物最終処分場問題を争点にした東洋町長選挙がありました。ふぁーまー土居さんは自民党籍の人でしたが、帯屋町での街頭署名活動に2回参加してくれました。また県議当選後に東洋町長選挙に沢山保太郎候補の応援に一緒に行ってくれました。

 日本は地震列島。原子力発電所のシステムが到底安全であると思えません。であるならば石油の代替エネルギーをどうするのか?ドイツのように風力と太陽光発電を国策とするようなエネルギー政策を本気で推進する政治家を支持します。

 今回取り上げた橋本大二郎さんですが、そのあたりが明確ではありません。他の3人の候補者も何もコメントしていません。
 したがって高知1区ではただいまのところ支持する候補者は皆無となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

どうなった四川省の核問題

 報道も途切れ途切れになっていますが、中国四川省大地震で被害を受けたとされる軍関係の各使節。放射能漏れの可能性はどうなのでしょうか?

 こればかりは衛星写真でも放射能まではわからないからです。山の中の洞窟の中に核兵器や核施設は周到に隠されていますが、一山全体が崩落している有様ですし。わかりませんね。

 中国政府は北京五輪という平和の祭典を開催するのであれば、核問題でも情報公開すべきです。そうでないと危険性を近隣諸国に脅威を与えることですし、国際的な信用も失墜することになるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

東洋町の動向に注目しよう

 昨年は東洋町での高レベル放射性廃棄物最終処分場問題で揺れました。町民の賢明なご判断で核廃棄物施設に反対する沢山保太郎さんが町長に当選、核に頼らないまちづくりを歩んでいます。

 最近のブログでの発言も自信に溢れています。「海の駅」も東洋町白浜にオープンされているようですし。この「海の駅」プロジェクトは是非成功していただきたいですね。

Poster_uminoeki_1

 情報公開と町民参加で着実に東洋町は変化しています。その動向に今年も注目していこうと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

原発で爆弾所持男を逮捕とか

Ikata  アメリカで怖い話がCNNで報道されていました。原子力発電所に爆弾を持ち込んだ男がいて逮捕されたとのことです。

 原発で「爆弾」所持の従業員を拘束 米アリゾナ州(CNN)

 日本は55基も原子力力発電所があります。爆弾を持ち込まれ爆発すれば、日本は核攻撃を受けたと同じです。地震の脅威もあります。日本は地震列島であり、太平洋側はプレート型の巨大地震。日本海側は直下型の群発地震の脅威があります。

 原子力発電所をどうするのか。本気で考え処理方法を考え実行しませんといけないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

うえるぱ高知 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | はりまや橋ブログサロン | まちづくりレポート | アジアの平和 | アニメ・コミック | イレクター関係 | ウェブログ・ココログ関連 | ゲストは中平公哉さん | ゲストは外京ゆりさん | ゲストは松尾美絵さん・下司孝之さん | ゲストは田植光男さん | サッカー論 | スポーツ | セーリング日誌 | チベット人権問題 | パソコン・インターネット | ビオトープと歴史資源の新堀川 | ブログ論 | マスコミ観察委員会 | リスクマネジメント | 住まい・インテリア | 健康問題 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 原子力問題 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 国政問題 | 土佐高知さん出演 | 天木直人さん講演会 | 好浦銧一さん出演番組 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さん講演会 | 島本茂男さん・中平崇士さん出演番組 | 市民参加のありかた | 市民派ブログ | 市民記者クラブ | 平和の問題 | 政治評論 | 教育問題 | 教育問題一般 | 文化・芸術 | 新堀川ー環境問題 | 旅行・地域 | 日本国憲法問題 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 東洋町サポータークラブ | 松田高政さん出演番組 | 横山隆一記念まんが館 | 歩いてみる高知市の姿 | 沖縄を考える | 沖縄基地問題 | 環境問題 | 社会思想 | 社会運動の再構築 | 福祉・バリヤフリー | 竹村直也さん(番組ゲスト) | 若者支援事業 | 都市の中の自然 | 都市の姿 | 野本靖さん出演番組 | 防錆塗装の話 | 音楽 | 風俗営業法の大改正 | 高レベル放射線廃棄物問題 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知学研究所 | 高知県政問題 | 高知県議会議員立候補者への公開質問状