2008年6月22日 (日)

高知で知的・創造的な学習・交流の場の創出を 6月27日(金)

4_2 西村 今月の「けんちゃんの今すぐ実行まちづくり」のゲストは、高知市横山隆一記念まんが館学芸員の奥田奈々美さんです。高知のまんが文化、横山隆一記念まんが館に関する事柄、学芸員としてトライしたいことなどお話をお聞きしたいと思います。

 今回のテーマは「 高知で知的・創造的な学習・交流の場の創出を」でお話をお聞きします。

 9月12日が締め切りで「第4回まんがの日記念4コマまんが大賞作品募集」について
お話下さい。一般の部は年齢制限がなく、プロ・アマを問わないそうですが・・
 かなりレベルの高い作品が応募してくるのではないのでしょうか?

奥田  11月3日の「まんがの日」を記念しまして「4コマまんが大賞」ということで、4コマまんがの募集をしています。今年で4回目の募集になりました。

 用紙はB4、作品は横10㎝×縦32㎝、1枚につき1点、一人3点まで。カラー可。
昨年は全都道府県から応募有。プロからの応募もありました。

 第1回では村岡マサヒロさん、矢野功さんが「よさこい賞」を受賞したりしました。
レベルは高いですが一般の人がプロに勝って受賞したりしています。是非トライしてください。

 ジュニア部門と一般部門に別れています。小学生以下がジュニア部門です。
ジュニア部門でも力をつけて常連となっている子もいます。
 応募作品は冬に「4コマまんが大賞作品展」で展示しています。

 一次審査を通過した作品は展示しています。本選で入賞に漏れても、入館者の投票で決める「ギャラリー賞」の可能性もあります。優れた作品が掘り起こされる可能性もあります。いろんな楽しみ方をしていただきたいと思います。

西村 高知で「知的・創造的な学習・交流の場の創出」を目標とするのであれば、マンパワーや予算も必要であると思います。理想論でいいですがどの程度のマンパワーと予算が必要であると思いますか?おかまいない範囲で説明してください。

 毎年11月に「まんさい」(こうちまんがフェスティバル)を開催しています。このイベントなどを成長させ、拡大していけば、「知的・創造的な学習・交流の場の創出」になるのではないのでしょうか?そのあたりの展望はどうなのでしょうか?

Photo_11(高知まんが集団似顔絵コーナー)

奥田 「まんさい」(こうちまんがフェスティバル)では、「まんがで遊ぼう!」(まんが体験コーナー)やまんが工房など、まんが家の先生と直接触れあったり、自分で描いたりできるイベントを開催しています。

 そのほかにも記念まんが館では夏休みまんが体験イベントであるとか、似顔絵コーナーでセミプロのまんが家の人達に似顔絵を描いていただくこともしています。

 そのほか、企画展に合わせて県外のまんが家の招聘、トークショーやサイン会など、プロと触れあえる企画を実施中です。プロと接する機会を活用いただきまして、どんどんとまんがを描く機会を活用していただきたいです。

 理想をいえば、「まんさい」のような体験型イベントや、似顔絵コーナーのようなものが、まんが館で"いつでも"体験できたり、まんが家を目指す人たち同士の交流の場・サロンのような形で使ってもらえるようになればよいと思っています。

西村 今一度お聞きしますが高知でなぜまんが家がたくさん輩出しているのでしょうか?高知でまんがが盛んなのか?基本的な質問ですがそのあたりはどうなのでしょうか?

奥田 そうですね。いろんな考え方があると思います。高知の県民性と言いますか。高知はもともと自由民権の土地柄で、反骨精神がよくいわれます。
 まんが、特に1コマまんがは風刺から始まっています。

 そういうところが高知県人とまんがの表現が合致したのではないかと思います。それでまんが家となって高知を出て行ったところを後輩が追いかける。
 
 また高知新聞のほうでまんが教室なんかの投稿コーナーがありました。高知マンガクラブの出身でプロになった方もいらっしゃいます。
 またまんがで活動するなかで高校でまんが部を創設したという高知出身のプロのまんが家で「自分が高校のまんが部をつくった」という人が結構います。

 そういう高校にまんが部があってまんがを描く環境が整えられていた。高校にまんが部やまんが研究会があるのはわたしも高知出身なので、あたりまえであると思っていました。

 県外で聞きましたら当たり前ではないそうです。まんが部がない高校も多いようです。高知の高校でまんが部があたりまえのように存在する風土が根付いていることが今につながっていると思っています。

Mangakoushienn20051 (高校生のまんが甲子園の風景。西村撮影)

Mangakoushien20052 (出場した高校はまんが部が主体でした。高知は普通にまんが部がありますが県外ではそうではないようです。写真は西村撮影)

西村 92年間の横山隆一さんの生涯を追体験することこそが、「 高知で知的・創造的な学習・交流の場の創出」になるのではないかと思います。

 これは横山隆一記念まんが館の最大活用になるではないかと思います。
。まんが館の一連の行事の中ではどうなのでしょうか?

奥田 隆一先生からは、まんがの技法はもちろんのこと、「人生を楽しむ」達人であったことを学んでほしいと思います。

 まんがだけでなく油彩画、水墨画、アニメなど、興味を持ったものすべてに挑戦する意気込がありました。
 それは珍コレクションや鉄道模型などのコレクションのほか、酒、ゴルフ、野球、カメラなど趣味も様々ありました。人生を楽しむ達人でもありました。

 鎌倉の隆一邸がまんが家同士が集う場であったのは、隆一先生の人柄あってこそ。
高知でもまんが館がその遺志を受け継ぎ、隆一邸の桜の接ぎ木をしてかるぽーとで育て、4月に「花見の宴」として高知のまんが関係者たちが集う場を設けています。

 「まんさい」のようなフェスティバルを企画しまして様々なイベントを楽しめるようなそういうところを。イベントの拠点となれるようなまんが館を利用していただきたいと考えています。

西村 「 高知で知的・創造的な学習・交流の場」は横山隆一記念まんが館であるということは良く理解できました。
 今後の行事の予定などありましたら、ご案内をよろしくお願いします。

奥田  企画展といたしまして7月19日から8月31日まで「所蔵展」を開催いたします。第2回目になります。
 「隆一はなこばこ」という企画です。「今 花・人・であい博」を高知県下で開催していますので、関連企画として隆一先生が描かれた油彩画で花をテーマにした作品を展示し来館者には楽しんでいただきます。

 まんが家が描く油彩画はどこかユーモラスで、楽しい気分がさせられる。そういう作品が多いので油彩画としてもまんがとしても楽しめるのではないでしょうか。こちらは入場無料になっています。ぜひご来館ください。

Okuda2_r (収録は多くの話題が話されました。)

 写真は奥田奈々美さんに提供いただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

ジャズライブはご機嫌

 「戦争をしない国」の映画を見た後は、高知シティFM公開収録「青山清水JAZZ招待席」へ行きました。アルテックですが、青山清水さんがオーナーの店です。
 午後8時からの公開収録と言うことで、青山さんと片岡さちえパーソナリティ、戸田健史高知シティFM局員がいて収録されていました。

Syuroku1_r  「戦争をしない国 日本」の映画を人権啓発センターで見終えて自転車で駆けつけました。会場には笹岡和泉さん岡田和さん北岡徹さんがおられました。
 とにかく青山清水さんはジャズ業界については詳しい。店内にあるピアノでジャズ界の大御所のアーティストが何人も生演奏をした様子も語られていました。

 午後9時過ぎからは地元高知で活動している「ギルド」というグループの生演奏会。今回はボーカルの女性が加わり15人の大所帯になりました。ジャズのスタンダードナンバーを何曲か演奏していました。
Girudo1_r  12月8日は太平洋戦争の勃発日であると同時に、ビートルズのメンバーであったジョン・レノンが暗殺された日でもありますね。もう26年にもなるのですね。ジャズにアレンジされたビートルズナンバーも演奏され、お洒落なボーカルで楽しい雰囲気でした。

Zinken_r  昨年は何故か事情があり来れなかった私。今年は駆けつけました。演奏が終わった後居残りじゃんけん大会があり、私はなにも獲得できず。
 家内がクリスマスコンサートのチケット(5000円相当)が当たったようです。でも参加は私と行けばもう5000円追加になるので、友人に2500円出してもらい、自分も2500円出して友人と2人で見に行くとか。ジャズとゴスペルのライブで、豪華な取り合わせのようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

やはり2000人ホールは必要

Ekimaep  高知県庁が高知駅前の県用地に「複合施設」をこしらえる計画のようです。県立大学と、県立図書館、県民文化ホールをこしらえるというものです。パンフが出来ているようです。

 なんでも9年ぶりに郵送で「県民アンケート」もするようです。「声なき声」を収集するようですが。そのやりかたで「民意」を集めることが上手く行けば良いのですが・・

 このなかでコメントするとすれば、県民文化ホールですね。高知市の無能な文化行政の産物である「かるぽーと」。200億円をかけ、赤字を垂れ流しています。僅か1000人のホールしかありません。
何度も言うように30万都市で2000人ホールがないのは高知市ぐらいでしょう。本当にかるぽーとは馬鹿馬鹿しい「文化施設」です。
Kenminb  (現在の県民文化ホールは1500人が最大収容数)

場所は駅前で良いでしょう。「集客装置」としては立地に恵まれています。JRや長期よりバスの発着拠点でもありますし。はやく県民の合意形成を経て早く県民文化ホール(2000人)をこしらえるべきでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月17日 (日)

ららら音楽祭に感謝

Rarara9_r  昨日は台風13号の影響で、暴風雨・波浪警報、大雨洪水警報の最中に、高知市中心街で開催されていましたららら音楽祭2006へ行きました。
 午前中にトレーニングをしに街へ行っており、開催している情報は得ていました。ただメインゲストが本当にくるのかどうかは不明な状態でした。

 家内は、ブルースの木村充揮(きむらあつき)というアーティストが来るので絶対に行くと言いました。全然知りませんでしたが、BS2で特集するような大物。その筋では有名なブルースバンド「憂歌団」(ゆうかだん)http://music.goo.ne.jp/artist/ARTLISD1000246/index.htmlのリードボーカルであったとか。
Rarar10_r  ゲゲゲの鬼太郎の主題歌や「おそうじおばちゃん」「出稼ぎブルース」のヒットで有名なアートチストらしいですね。午後4時からのおびさんロードのステージも多くの人達が来ていました。

 午後6時からの中央公園も大勢の人達が来ていました。途中強い風と大雨に悩まされながらも最後まで見ていました。ブルースもたまには良いものですね。それこそ30年位前に家内と東京日比谷野外音楽堂で、ブルースのコンサート行って以来ですね。米国からの黒人バンドで誰だか忘れましたが・・。

 しかしららら音楽祭のスタッフや関係者の皆様に感謝です。雨の中本当にご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

高知県庁では文化財管理は無理

 「皆山集」という 山内家元藩士の松野尾章行氏(まつのお・あきつら氏、1836―1902年)が土佐藩史編さんのため集めた史料を書写した書物。貴重な資料ですが、県が紛失したらしいです。実にずさんですね。

http://www.kochinews.co.jp/0608/060824headline01.htm#shimen1

 地元新聞の記事で知りました。県や市町村、民間会社の「大河ドラマ『功名が辻』県推進協議会」事務局がその原因。無責任きわまりない。およそ文化的価値のわからない職員が無責任に紛失させていたとか。民間の印刷会社にも無断で又貸ししていたことも発覚しています。呆れる体質ではありませんか。

 山内家から国宝の「高野切れ」や「長宗我部地検帳」などを県は購入しました。こうした重要な文献の管理も大丈夫なのでしょうか?

 先日も県展で入選した画家の作品が買い上げられたものが無造作に倉庫に放置されていたとか。やはり高知県庁は「文化果てる県の役所」であることを露呈しましたね。県民として恥ずかしい限りです。

 大河ドラマに浮つくだけで文化的価値の見出せないイベントがそもそも原因。大河ドラマ館(見世物小屋)などただちに閉鎖すべきでありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

bilibili de bukubuku

Nakahira1  イラストレーターの中平順子さんhttp://www.nc-21.co.jp/dokodemo/gesuto6/nakahira.htmlの個展がファースト・ギャラリーで明日7日まで開催中http://bilibili.exblog.jp/と聞いていましたので、リハビリトレーニングの後見学しました。

Nakahira2  今回のテーマは「びりびりでぶくぶく」とか。土佐清水市出身の中平順子さん。実家の家の前は広大な太平洋。海が好きだとのこと。

 怪我で今夏は海へ行けないので、海のテーマに引かれて見に行きました。いろんな海の生き物達が自由に泳いでいました。展覧会はぶくぶく水族館のようでした。

Nakahira4 Nakahira5

| | コメント (1) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

うえるぱ高知 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | はりまや橋ブログサロン | まちづくりレポート | アジアの平和 | アニメ・コミック | イレクター関係 | ウェブログ・ココログ関連 | ゲストは中平公哉さん | ゲストは外京ゆりさん | ゲストは松尾美絵さん・下司孝之さん | ゲストは田植光男さん | サッカー論 | スポーツ | セーリング日誌 | チベット人権問題 | パソコン・インターネット | ビオトープと歴史資源の新堀川 | ブログ論 | マスコミ観察委員会 | リスクマネジメント | 住まい・インテリア | 健康問題 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 原子力問題 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 国政問題 | 土佐高知さん出演 | 天木直人さん講演会 | 好浦銧一さん出演番組 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さん講演会 | 島本茂男さん・中平崇士さん出演番組 | 市民参加のありかた | 市民派ブログ | 市民記者クラブ | 平和の問題 | 心と体 | 挑戦半島問題 | 政治家ブログ | 政治評論 | 教育問題 | 教育問題一般 | 文化・芸術 | 新堀川ー環境問題 | 旅行・地域 | 日本国憲法問題 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 東洋町サポータークラブ | 松田高政さん出演番組 | 横山隆一記念まんが館 | 橋本大二郎さん出演番組 | 歩いてみる高知市の姿 | 歴史の問題 | 沖縄を考える | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演番組 | 環境問題 | 県民マニフェスト大会 | 社会問題 | 社会思想 | 社会運動の再構築 | 福井照さん出演番組 | 福祉・バリヤフリー | 竹村直也さん(番組ゲスト) | 経済・政治・国際 | 芸能・アイドル | 若者支援事業 | 行政のありかた | 路上詩人はまじさん | 都市の中の自然 | 都市の姿 | 都市再開発論 | 野本靖さん出演番組 | 防災とブログの活用 | 防錆塗装の話 | 音楽 | 風俗営業法の大改正 | 高レベル放射線廃棄物問題 | 高知の観光問題 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知学研究所 | 高知市政の問題点 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県議会議員立候補者への公開質問状