2007年12月29日 (土)

政府は沖縄をどこまで馬鹿にするのか!

 薬害エイズ問題や、年金問題、偽装問題で関心が他の移ると見ると、早速政府・文部科学省は「軍が命令して住民の集団自決したことはない。」と歴史を偽造してしましまいました。沖縄の人たちをごこまでこけにするのでしょうか。

 「強制」削除市民怒り/運動の継続誓う(沖縄タイムズ)

 沖縄では政党や年齢の違いを超え、皆がこの問題に関心を持っています。わたしも高知で関心を持っています。政府の歴史の偽装を許さないことで活動をしていきましよう。

Heiwanoishizi01 (糸満市にある平和の礎(いしじ)日米両軍の戦没者、沖縄の人達の戦没者の名前が刻まれています。)

i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

沖縄の声を無視するな

 沖縄教科書の抗議集会の参加者は11万人と言われているが、実際は4万人規模ではないかと言われれ論議されているらしい。

 沖縄教科書抗議集会 参加者は「4万人強」 「11万人」独り歩き(産経新聞)

 実際の人数の論争はある意味どうでもいいのではないかとも思う。むしろ沖縄では保守系も参加し、「超党派」で抗議集会に参加した意義が大きいのです。保守系の知事が文部科学省に抗議に行ったこともあります。

 住民の手段自決の軍の命令書が公式文書で残っていなかったから軍の命令はなかったという意見で教科書から「軍の命令」が削除されたようです。しかしそれは誰でも少し考えればナンセンスであることは明白。

 日本軍は沖縄各地で追いつめられ、物資も困窮し、武器弾薬も不足していました。指揮命令系統は敗走により崩壊していたのでしょう。しかし軍隊経験者に寄れば戦陣訓があり、捕虜になるぐらいなら自決せよと言い聞かされていたとか。

 貴重な手榴弾と毒薬を住民に軍が配布したということは、命令書の有無に関わらず住民に手段自決を強要したことになります。沖縄には集団自決で家族を失った人達が大勢います。

 その声が政党の枠を超えた大集会になったのです。そしてその声が大きくなると今度は「政治の力で教科書の記述を変えるのはおかしい」との態度。当時の伊吹文部科学大臣(現自民党幹事長)が言われていました。

 国民の声を無視して、歴史を捻じ曲げようとしていたのは政府です。誤りは正背場良いのですから。

Henoko1

 (米軍基地の辺野古への移設反対の集会の様子です)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月 3日 (水)

真実の声は消せない

 安倍前内閣が沖縄での旧日本軍による集団自決強要の事実を隠蔽し、押し隠そうとした教科書の記述に反対し、きちんと事実どうりに記述することを求める県民集会が沖縄県宜野湾市で開催されました。11万人が参加されたそうです。

 11万人結集 抗議/検定撤回 9・29県民大会(沖縄タイムス)

 超党派の人達が結集し、予想をうわまわる人達が参加しました。高知県香南市議会をはじめ、沖縄県以外の市町村でも「教科書検定意見撤回を求める決議」を次々に採択しています。

 「安心・安定」で成立した福田内閣ですが、安倍前内閣時代のファシスト集団「教育再生会議」なるものは温存されています。なんら体質は変化していません。やはり民意がわからない「ベルサイユ政治屋」集団内閣です。

 きちんと事実を伝え、2度と集団自決を迫るような事態をなくす努力を現在の私たちはしないといけないと思いますね。
 Henoko_thumb (沖縄の基地反対運動の様子です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

沖縄の民意を無視し、対米従属ばかりの最近の日本政府

Tuiraku2_thumb (米軍機の墜落事故から丸3年は経過しました。)

 歴代内閣で小泉ー安倍内閣ほど沖縄に冷たい内閣はないのではないでしょうか。橋本ー小渕内閣が沖縄に配慮した政策をしていただけに余計に思いますね。

 沖縄県知事が保守系にかわりましたが、高い失業率が背景。なんとかしてほしいとの県民の願望ですね。しかし政府はあいかわらず現地の意向を無視し、高飛車に出ているようです。

 沖縄県、方法書送付に反発 普天間移設の環境アセスで(中日新聞)

 いくら県知事が保守系とはいえ、政府の傀儡ではありません。あの教科書での手段自決問題でも沖縄県議会は全会一致で記述の見直しを決議しましたし。

 そろそろ対米従属政府を取り替える必要があります。全く国益にはならないからです。

Henoko_thumb_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

もう受け入れは不要な沖縄県

 過疎高齢化・少子化に悩んでいる高知県。3大都市圏周辺の自治体はすべて同様の悩みがあると思えばさにあらず。沖縄県は東京から遠く離れています。しかし人口は毎年1万人ずつ増加しています。

 考えられるのは全国1出生率が高いこと。それと若者達が職はなくても一度は都会には出るものの沖縄へ戻ってくる比率が高いらしい。それと近年の沖縄ブームと冬場も温暖な気候が人気があり、リタイヤした富裕層が定住しているとか。

 おかげで各自治体のインフラ整備が目一杯とも言います。いわゆる団塊世代が大量に沖縄へ移住すれば、医療費などの負担に自治体は耐えられません。それで応募は高知県などのように大々的にはしていないようですね

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2006年11月18日 (土)

国民投票沖縄版 沖縄から反戦平和の意志表明を!

 沖縄現地の詳しい様子や、現地ならではの様子はわかりません。野党候補も与党候補も直接知りません。でもこの沖縄知事選挙はとても大事です。
 沖縄県民が代表して「国民投票」をされているからです。その課題とはずばり「米軍基地問題」です。

 米軍基地が沖縄経済で1500億規模であると聞いています。雇用面でも貢献しているやに聞いています。しかし宜野湾市や嘉手納町でのまちづくり面では障害ですし、何より「危険な存在」であることには変わりはありません。

 沖縄の知人は常に「沖縄は基地があるから攻撃される可能性があるので危険」言われていました。65年前に旧日本軍もハワイ真珠湾の米海軍基地を奇襲攻撃したではありませんか。軍事基地は常に攻撃対象なのです。先日沖縄の嘉手納基地に配備された迎撃ミサイルは、攻撃型の戦力を保有する米軍基地を守るためのものであり、沖縄県民を守るべきものではありません。

 沖縄の米軍基地は日本本土を守る防衛部隊として駐屯しているのではなく、殆ど攻撃部隊です。相手国に攻め入り、攻撃する装備と兵員で構成されています。朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争すべてそうでした。すべて沖縄を兵站基地にして前線へ米軍が出撃していきました。

Tuiraku1_1 (2004年8月に沖縄国際大学構内に普天間基地の米海兵隊ヘリが墜落炎上しました。)

 市街地の普天間基地の海兵隊を名護市に移転させることは、攻撃力の増加にもなります。軍事力の増強につながりかねません。

 本来アメリカ海兵隊基地は「国外移設」が議論の対象です。名護市辺野古への県内移設は「論外」だったはずです。それだけに与党候補が知事になれば、政府の「傀儡」になることは、8年間の稲峰県政で証明されています。

 ですので沖縄県の皆さんは「米軍基地をNO!」という意思表明を19日にしてください。そうなれば安倍内閣の「国民生活を無視して日本を軍事大国にする政策」に歯止めがかるからです。

Henoko_thumb_4 (軍事基地拡張の反対の意思を全国民に表明していただきたいです。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

知事はやんちゃでなくちゃ

 注目の沖縄県知事選挙が11月2日告示されました。与野党の推薦する候補者の一騎打ちのようです。遠い四国から注目していますが、現地の様子はそれほど盛り上がっていないようです。

 市街地にある普天間基地の移転問題が大きな争点。県内移設を前提に政府・与党は北部振興策をちらつかせ、先日沖縄を訪問した高市沖縄・北方担当大臣の「基地移設なしに北部振興はありえない」との高飛車・リンク発言は、沖縄の県民感情を全く無視していますね。
Tuiraku1 田舎を痛めつけ、過疎化させる政策を促進し、日干しにしてから「補助金がほしかったら迷惑施設を受け入れる地域を優先する。」との露骨な政府のやりかたは田舎者として許すわけにはいきませんね。

 高知県でも「高レベル核廃棄物」問題が突然津野町と東洋町で浮上。それも「調査させていただいただけで10億円交付する」との飴玉に「地域を思う」地方行政のリーダーたちが喰らいついた。しかし住民にはとんでもない話で多数の県民が反対の意志を表明しました。

Henoko_thumb_2  米軍基地は日米安保条約が憲法違反ではないので仕方はない。であるならば、撤去を前提に政府と沖縄県は交渉するのは筋。それには沖縄経済の自立が必要であり、宮城弘岩さんたちが実践しています。宮城さんは「基地経済は1500億規模。われわれの経済システムは1000億規模。間違いなく近い将来基地経済の規模を追い抜くだろう。」と。

 基地や公共事業、観光だけに依存しない自立経済をより促進する為には、「知事はやんちゃ」であったほうが良いのですね。中央政府の言いなりや傀儡にならないほうが格好いいし、沖縄にとってより実利が得られると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月24日 (火)

天下分け目の沖縄県知事選挙

 22日投票の衆議院の補欠選挙。神奈川と大阪で自民党の勝利。もともと自民党の議席だし、当然でしょう。民主党も小沢一郎代表のもとそこそこ頑張りましたが届きませんでした。お馬鹿な細野議員の不倫スキャンダルも影響しましたね。

 もともと自民党の選挙区でしたのである意味どうでもいいのです。今年の選挙で一番重要なのは11月の沖縄知事選挙です。現在の保守系の稲峰知事の後継として自民・公明が推薦する候補か、珍しく野党がすべてまとまって推薦する候補者なのか。一騎打ちです。

Henoko_thumb_1  政府は先日高市沖縄・北方担当大臣を沖縄へ派遣し、「普天間基地の県内移設と北部振興策はセットであり、振興策だけということはありえない。」とhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-18242-storytopic-3.html高飛車な態度で意思表明をしておりました。基地と振興策のリンク発言でしょう。ふざけるなと申し上げたいですね。

 安倍内閣は盛んに北朝鮮問題を出し、メディアも無批判に報道するので米軍再編問題と沖縄基地の問題が複雑に絡み合っていることがわからなくなっています。

 米軍再編問題は、「9・11」以来、「テロとの戦争」をブッシュ政権が声高に宣言して世界中に軍隊を派兵し、市民を大量殺戮しています。これでは恨まれるのも当然ですね。

Miyagihon_1  沖縄も自立していく志向の人たちもいます。沖縄物産企業連合の<a http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_ba08.html宮城弘岩さんたちがまさに実践しています。

 保守も革新も米軍基地は「ノー」と言っています。高飛車な安倍内閣の閣僚の態度には本当に腹が立ちますね。でもそれが「本音」でしょう。国民の生活よりもアメリカのご機嫌取りが大事なのですからね。

 公共事業や基地関係の投資をしましても雇用情勢が格段に良くなる筈がありません。「歯止め」程度です。そうした政府に依存する沖縄経済のありかたはいかにもおかしい。未来永劫米軍基地を拡大して居座らせることになるからですね。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2006年8月23日 (水)

居座る為の普天間基地移転

 結局のところ日米政府の合意は普天間基地は、名護市辺野古へ移転。県内移設になるようですね。政府に言いなりの「傀儡」であった保守系知事では「抵抗勢力」にさえなれませんでした。それで今秋の沖縄県知事選挙に注目です。
Henoko_thumb   基地建設に8年もかかるそうですから、その間普天間基地の危険性はあるわけです。1996年から10年間かけた協議はなんだったのでしょう。アメリカ追随の小泉内閣のお陰で、県外移設はなくなり、余計に基地負担が重くなりました。

 安倍次期首相候補も、産軍共同体推進派。北朝鮮の脅威を強調、参議院選挙の結果次第では憲法改正内閣にあんるやもしれませんね。どちらにしても沖縄の基地負担は重くなるばかりです

Tuiraku1_thumb

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月17日 (木)

八重山商工の個性は沖縄の個性

 好投手の大嶺投手や金城投手を擁した沖縄代表の八重山商工。智弁和歌山に8対3で力負けしました。やはり都会の洗練されたチームと地方代表の差が残念ながら出ました。

 ノーアウトで走者が出てもバンドをしない八重山。強気のヒット・エンドランがことごとく失敗。相手の術にはまりましたね。逆にエラーで走者を増やし、長打で点を奪われました。

 同点に追いついたときに、大嶺から金城にスイッチと思いましたが、6回になっていましたが続投させ結局3点奪われ万事窮しましたね。

 まあ自分達のペースで野球を楽しんだのではないでしょうか。よく頑張ったと思いますね。楽しく観戦しましたから。

 沖縄は第2の故郷ですね。家内の出身地でもあるし、子供が沖縄の学校へ行っています。意外なのは最近沖縄は毎年1万人ずつ人口が増えていることです。うち半数の5000人が八重山地域だそうです。

Iriomote

 本土からの流入が多いとのことです。沖縄の野球も個性的でしたが、沖縄の個性に惹かれて移住する人が多いからでしょう。高知も団塊世代の移住をサイトで呼びかけていますが、これは香川も愛媛もしていること。いつもの「横並び」では成果は期待は出来ないでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うえるぱ高知 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | はりまや橋ブログサロン | まちづくりレポート | アジアの平和 | アニメ・コミック | イレクター関係 | ウェブログ・ココログ関連 | ゲストは中平公哉さん | ゲストは外京ゆりさん | ゲストは松尾美絵さん・下司孝之さん | ゲストは田植光男さん | サッカー論 | スポーツ | セーリング日誌 | チベット人権問題 | パソコン・インターネット | ビオトープと歴史資源の新堀川 | ブログ論 | マスコミ観察委員会 | リスクマネジメント | 住まい・インテリア | 健康問題 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 原子力問題 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 国政問題 | 土佐高知さん出演 | 天木直人さん講演会 | 好浦銧一さん出演番組 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さん講演会 | 島本茂男さん・中平崇士さん出演番組 | 市民参加のありかた | 市民派ブログ | 市民記者クラブ | 平和の問題 | 心と体 | 挑戦半島問題 | 政治家ブログ | 政治評論 | 教育問題 | 教育問題一般 | 文化・芸術 | 新堀川ー環境問題 | 旅行・地域 | 日本国憲法問題 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 東洋町サポータークラブ | 松田高政さん出演番組 | 横山隆一記念まんが館 | 橋本大二郎さん出演番組 | 歩いてみる高知市の姿 | 歴史の問題 | 沖縄を考える | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演番組 | 環境問題 | 県民マニフェスト大会 | 社会問題 | 社会思想 | 社会運動の再構築 | 福井照さん出演番組 | 福祉・バリヤフリー | 竹村直也さん(番組ゲスト) | 経済・政治・国際 | 芸能・アイドル | 若者支援事業 | 行政のありかた | 路上詩人はまじさん | 都市の中の自然 | 都市の姿 | 都市再開発論 | 野本靖さん出演番組 | 防災とブログの活用 | 防錆塗装の話 | 音楽 | 風俗営業法の大改正 | 高レベル放射線廃棄物問題 | 高知の観光問題 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知学研究所 | 高知市政の問題点 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県議会議員立候補者への公開質問状