2009年6月14日 (日)

本当に大丈夫なのか?プルサーマル発電

Ikata (伊方原子力発電所でも「プルサーマル」発電が予定されています。)

 フランスから「プルサーマル発電」用のMOX(ウランとプルトニウムの混合酸化物)燃料を積んだ輸送船が5月18日午前、静岡県御前崎市の御前崎港中部電力専用ふ頭に着きました。

プルサーマルのMOX輸送船、静岡県御前崎港に到着読売新聞)

 そして四国、九州、静岡の原子力発電所へ搬送されました。後は送れて5年後にプルサーマル発電を全国で稼動させるようです。

 確か以前国は多額の費用をかけ高速増殖炉もんじゅを開発しようとしていましたが、結局失敗しています。原子力発電の傍ら出てくるプルトニウムの有効活用は出来ていません。

 核兵器にも転用できるプルトニウムだそうですが、日本は「平和利用」と称し、既存の原子炉でウランと混合してプルトニウム発電を実施します。今回到着したのはその稼動用の燃料です。

 日本の原子力発電から排出されるプルトニウムは桁違いに多い。北朝鮮やイランの核開発で問題になっているプルトニウム。それらはごく少量。日本の場合は北朝鮮、イランより段違いに多いのです。その「プルトニウム」を原子力発電で再度燃焼して「平和利用」するとのことですが、果たして安全なのでしょうか?

6月14日の新聞各紙では「北朝鮮がプルトニウムを全量兵器化」と報道しています。簡単に核兵器に転用できるプルトニウム。お手軽に在来型の原子力発電所で混入して燃焼させることが安心・安全につながるのだろうか?

 輸送中のテロの危険性。運転中の不測の事態。大地震時の安全性。MOX燃料のプルサーマル発電でも高レベル放射性廃棄物は排出されます。それをどこでどう処分するのか?すべてが「見切り発車」です。

 日本はこのように原子力発電に力を入れているため、太陽光や風力、木質バイオマス、水力などの自然エネルギーの活用、エネルギー資源の地産地消には力を入れていないことはわかります。

 いくら「発電時に原子力発電はCO2を排出しない」と言いましても、建設時、燃料運送時、稼動時、及び地震のリスク、廃棄物処理が未解決。という難題を抱え、「見切り発車」する危険性を感じるだけに不安です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月13日 (金)

下知地域に公共津波待避施設の建設を

Shimozidenteil  30年以内に襲来する南海地震。私の居住する高知市二葉町は海抜0メートル地帯。高知大学理学部岡村教授によれば「高知市下知地域の想定震度は最大の7。1メートル以上地盤沈下は確実。水没する。」と言われています。更に巨大地震の場合は津波の襲来も想定されています。

 自宅のある二葉町では2年前に全所帯調査を行い自主防災会を結成しました。町内住民を対象とした講演会や炊き出し訓練、会報の発行、震災地神戸長田区鷹取町の訪問など活動をしてきました。

 防災マップを作成する中で、1番悩んだのは地域内に自然地形の高台がなく、「浸水の恐怖」から逃れる場所がないことです。そこで町内の3階建て以上の共同住宅所有者のご理解を得て、町内会と自主防災害との3者協定を締結し、緊急時一時待避所を町内に10箇所こしらえました。

 急がれるのは公共で耐震性のある津波待避所です。住民200人程度が待避できる場所の設置が急がれます。地域に最低2箇所は必要です。その場所がなければ地震を想定した地域の避難訓練すら出来ません。

 行政の仕事は住民の命と財産を守ることです。県知事も高知市長も取り組むべく最優先課題として取り組んでいただきたい。同様の地域は高知市だけでも潮江,高須、大津地域です。人口は数万人はいます。県都高知市の中枢を形成しています。

 自助・共助は構築しました。後は公助(国・県・市)の出番です。

(写真は1947年の昭和南海地震で大被害の出た高知市下知地域)

Hoeityo1mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

下知はゼロメートル地帯

Kaibatu_r  高知市若松町のガソリンスタンドの海抜表示は0・2メートル。想定される南海地震ではこの地域一体は1メートルは陥没するようです。マーナス0・8メートルは覚悟しないと。電車道はまだ低いですからね。

 高潮堤防も高いですが亀裂がありますし。災害対策は遅れています。便利な都市生活が本当に保てないことが確実ですが、安全な避難場所1つないのはどうしたことでしょう。

 いくら県当局が自主防災会をつくろうと呼びかけても、住民は覚めていると思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

どうなった四川地震の復興

 北京五輪の報道の影で四川大地震のことが報道されません。どうなったのでしょう。公立の小中学校の校舎が倒壊し、生き埋めで志望した生徒の親たちが当局に抗議していましたが、どうなっているのでしょうか?

 震災復興は順調なのでしょうか?気になりますね。とても。

 チベットや新疆ウィグル地域はどうなっているのでしょうか?こちらも気になります。毒入り粉ミルクが中国を震撼させています。大事な宝である「一人っ子」が毒ミルクで脅威にさらされたら、事情を隠していた当局への怒りはものすごいものがあると思います。

 四川地震も五輪の頃から外国人記者への取材が制限されているようなので、事情がまるでわからなくなりましたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

自主防災会で神戸への研修について

 高知市二葉町。海に近く低地で軟弱地盤の海抜0メートル地帯。地震学者の高知大学岡村眞教授は会うたびに気の毒そうにと言われます。
 「30年以内に確実に来る南海地震は震度は6強。二葉町は7。強い揺れが100秒続き(阪神大震災時は13秒)。地盤は1メートル沈下し、地域は水没します。また津波も40分後に来るでしょう。」とのこと。

 古い木造住宅が多い二葉町。昭和56年前の木造住宅も多いようです。家屋の倒壊と浸水と言う最悪の被害が予想されます。しかも岡村教授は「最悪2週間は救援隊は来ないと覚悟してください。そのなかでの自助・共助のありかたを考えてください。」というシビアなものでした。

 そんな二葉町ですので住民の関心は高く、2年前には全所帯を防災所帯名簿を作り上げました。昨年は防災マップもこしらえました。炊き出し訓練も実施し、防災備品も整えることができました。

 結成当時から世話になっている防災寺小屋塾長の西田政雄氏の提案で、震災当時から親交のある神戸市長田区の市民有志との交流会を企画しました。やはり直接罹災体験者の忌憚のない意見を傾聴することは大事です。フィルターを通じた情報ではない市民同士の直接交流には意義があると思います。

 計画ではバスで神戸を訪問、防災・人づくり館などを見学後、長田区の有志との意見交換会を開催します。7日から二葉町町内で募集の呼びかけが始まりました。7月25日に一応締め切りをしまして二葉町内からは20人。町外からは6人程度の参加希望がありました。

 それで27人乗りのバスを予約しました。後は準備作業にかかります。

Nankaizishinhoueicho (1946年の南海地震。下知地区は壊滅的な被害が出ました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

4500万人の罹災者をどうする?

 未曾有の大災害となった四川大地震。もうすぐ地震発生から1ヶ月にもなります。死者は7万人。地震の利さお医者は4500万人とも言われています。これは韓国の全人口にも匹敵します。大変な災害です。

 衛生環境をたもつためには家屋の建設が必要です。テント暮らしでは体が持ちません。まして雨期に入り、暑い夏も到来します。感染症の防止が最優先作業でしょう。

 私たちも「貧者のⅠ灯」の心意気で義援金を出しましょう。少しだけわたしもしましたが・・。明日はわが身ではないかとも思いますし。他人事とは思えないからです。

 オリンピックはかつて高校野球がそうでしたが「がんばろう神戸」のうよう仁激励イベントとして開催すると思います。しかしそれはあくまで罹災者の支援を最優先に中国当局はすべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

学校の耐震化を急げ

 文部科学省は日本の小中学校の耐震化工事を緊急にすすめるために国の補助率を上げるようです。政府のやることはこのところ悪いことばかりでしたが、久しぶりに良いことの実行のようです。

 未来を担う子供達は国の宝。授業中に校舎の倒壊で命を奪われることがあってはいけない。また地域住民の避難施設にも学校はなるのですから。

 これは気合をいれて政府にはしていただきたい政策です。中国四川大地震の影響か政府は国の補助率が2分の1から3分の2まで引き上げ耐震工事を急ぐと言う。この政策は福田内閣で評価できますね。

Shouwasyou (地域の防災訓練をした昭和小も耐震建築ではありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

海抜0・2メートルの地域の住んで

Kaibtu02m_r   地盤が弱くて海に近く、海抜0・2メートルの自宅周辺。地震学者は大地震がおこれば2メートル程度地盤沈下するだろうと。どうなるのであろうか。

 脱出したいと思いますがなかなかできるもんではありません。1昨年地域の人たちと自主防災会をこしらえ参加しました。

  下知(しもじ)という地名からしましても、河川の堤防よりも低いところに家屋が建っています。過去台風や大雨で浸水してきましたし。それに地震が来れば・・・。

 なんとかしないと思いますが。、なんともならんですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

災害想定地域に住んでいますが・・

 30年以内に必ず来ると言う南海地震。うちの町内はというと震度が7。1メートル以上地盤沈下するらしく、海抜0・2メートルの地域は浸水が確実。おまけに2メートルの津波が来るのだとか。壊滅状態ではないか。

 想定する被害状況に対してなにが出来るのか?できること限られる。まず自分達が生き残ることですね。寝室には家具を置かない。枕元には懐中電球と靴を常備しました。ヘルメットも持ち出しようリックも必要だろう。

 次に目の前にある防災倉庫から、レスキューセットを出して、救難活動に出撃。救助を急ぎます。自分が怪我しければできるでしょうし。

 これができるためには、ふだんからの訓練も必要でしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

自主防災会の備品倉庫が完成

 Futaba24_r

青柳公園南西角に先週二葉町自主防災会の備品倉庫が完成しました。防災用の備品や、炊き出し用の備品を在庫するための倉庫です。

 ホームセンターで購入し,先週に何人かで組み立てしました。購入した日から数日雨模様でしたが当日は雨が上がり組み立てました。

 結構時間がかかりました。半日がかりです。その日仕事が余裕がありましたので、私も手伝いました。

 後は少量の備品倉庫を町内に3箇所構えることです。少しずつ防災の体制が出来つつあります。

Futaba20_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

うえるぱ高知 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | はりまや橋ブログサロン | まちづくりレポート | アジアの平和 | アニメ・コミック | イレクター関係 | ウェブログ・ココログ関連 | ゲストは中平公哉さん | ゲストは外京ゆりさん | ゲストは松尾美絵さん・下司孝之さん | ゲストは田植光男さん | サッカー論 | スポーツ | セーリング日誌 | チベット人権問題 | パソコン・インターネット | ビオトープと歴史資源の新堀川 | ブログ論 | マスコミ観察委員会 | リスクマネジメント | 住まい・インテリア | 健康問題 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 原子力問題 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 国政問題 | 土佐高知さん出演 | 天木直人さん講演会 | 好浦銧一さん出演番組 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さん講演会 | 島本茂男さん・中平崇士さん出演番組 | 市民参加のありかた | 市民派ブログ | 市民記者クラブ | 平和の問題 | 心と体 | 挑戦半島問題 | 政治家ブログ | 政治評論 | 教育問題 | 教育問題一般 | 文化・芸術 | 新堀川ー環境問題 | 旅行・地域 | 日本国憲法問題 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 東洋町サポータークラブ | 松田高政さん出演番組 | 横山隆一記念まんが館 | 橋本大二郎さん出演番組 | 歩いてみる高知市の姿 | 歴史の問題 | 沖縄を考える | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演番組 | 環境問題 | 県民マニフェスト大会 | 社会問題 | 社会思想 | 社会運動の再構築 | 福井照さん出演番組 | 福祉・バリヤフリー | 竹村直也さん(番組ゲスト) | 経済・政治・国際 | 芸能・アイドル | 若者支援事業 | 行政のありかた | 路上詩人はまじさん | 都市の中の自然 | 都市の姿 | 都市再開発論 | 野本靖さん出演番組 | 防災とブログの活用 | 防錆塗装の話 | 音楽 | 風俗営業法の大改正 | 高レベル放射線廃棄物問題 | 高知の観光問題 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知学研究所 | 高知市政の問題点 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県議会議員立候補者への公開質問状