2006年7月23日 (日)

高知遺産をどう維持しますか? 7月28日(金)

西村 今週のゲストは、高知ブログアンテナを主催されているデザイナーでコンサルタントである竹村直也さんです。今日のテーマは「高知遺産をどう維持しますか?」お話をお聞きします。
竹村さんは「高知遺産」という写真集を出版されました。ローカルレベルでは異例のヒット作品になったようです。
「竹村さんは「高知逍遥ブログ百足館通信」を作成されています。高知県外にもブログで本の通販もされているようです。新たな読者層も開拓されておられます。そのあたりはいかがでしょうか?
 そのうちアマゾンなどでも販売されるのでしょうか?

竹村 高知遺産の本は今までに6000部販売しました。そのなかでブログのなかの通販フォームを通じて販売したものもあります。たぶん500くらいは通販で出ているのでしょう。
 最近は飽和したのか売り上げが鈍って来ています。今後はアマゾンでの販売などを念頭に検討中です。

西村 文化や「生活」、食文化などがテーマのブログのようにも思えます。竹村さんの場合はブログに「書くだけ」ではなく実際に市民運動や行動もされているようですが・・
 最近の高知県民は足元の自然や歴史遺産を全く大事にせず、一過性のイベントに熱を上げているようにも思います。「大河ドラマ」や坂本龍馬などなど。
 竹村さんの取り組みで少しは市民意識の変化は現れたのでしょうか?

竹村 多少は変化していただたらとは思います。「高知遺産」の本を出したときもすぐに効果が出るというものではありません。
ただあの本をとうして、意外に自分の周りに面白い建物があるとか。そういう見つめ直すきっかけになればと思います。
 その第1歩としてですね。

西村 読者からの反応や、お便りなどはいかがでしたのでしょうか?

竹村 県外の人たちは「懐かしい」とかいう反応が多かったですね。県内でも年配の方々は「ここに昔は居たとか」「孫に伝えたい」とか。
 県外の人の反応ですが「地方都市でもこういう破壊が起きている」ことへのショックを隠せないとか。そういうコメントが意外に多かったですね。

Kuchiisan1 西村 「高知遺産」を眺めていまして、マンガや映画で「3丁目の夕日」としう作品がありますが、そういう懐かしさを感じます。そうした昭和30年代が見直されていますし。

竹村 自分達としては「3丁目の夕日」のように昔への回帰をそれほどありませんでした。まとめて見られれば、そういうところが強くあるのかもしれません。
 3丁目も含めて昔の良かったところ、を見直しもありますね。ただ古いものを壊して前へ進もう。というのではなく。良いものをきちんと造ると言いますか・・。

西村 それはブームかもしれませんね。宮崎駿氏が「愛・地球博」で昭和30年代の家屋を展示したら大人気でしたし。懐かしさが「世代間対話」になっているのでしょう。
 今のハイテク家具や家電製品にはない、温かみやぬくもりを感じますね。そう感じる人が多いのではないでしょうか?

西村 過去にも竹村さんは仁淀川お宝探検隊などもされていました。仕事で関わられた部分と、市民との関わりとの継続はどうなのでしょうか?

西村 「歴史や文化に裏付けられた商品」こそ、付加価値があり、価格競争に巻き込まれない産物として消費者に支持されます。沖縄物産企業公社の宮城弘岩さんはこう語られています。高知へのこだわりが独自のものを生み出す素地になると思います。高知遺産でなされたこと、お仕事で関わられてことなどあると思います。そのあたりの竹村さんのご意見を聞かせてください。

竹村 基本的には同じですね。高知へのこだわりという点におきましては。他の街、高松や松山で同じ事をしても仕方がありませんし。
 良いものは嗅覚を研ぎ覚まさせてやっていかなかればならないと思いますね。面白いもの。県外の人が来ても興奮して帰っていくもの。そういうものなのですね。本物がないといけないと思います。

Kouchiisan2 西村 竹村さんの「あるべき高知論」があれば聞かせてください。人でしょうか。ものなのでしょうか?

竹村 高知は「楽しむ努力をしないと 楽しくない」ところです。
 なかなかわからないところですね。基本的にはなにもない県です。
 山とか川とか、海とか、魚とか、。それを楽しまなければ何もない。
 高校時代の友人とか、前の会社の同僚とかパチンコ屋で会うのですね。たぶんそれでは面白くはないですね。

西村 パチンコは高知でなくても群馬でも東京でもありますね。
高知独特のパチンコ文化があるわけでもないですね。そうしたマス的な文化を高知にいながらやっていくのはもったいないように思いますね。
 先ほどのローカルな分を楽しむと言うか。努力して楽しむ県なんだと。

竹村 目の前に海とか川とかあって、美味しいお酒もあると。面白い人も多いと思いますね。ビックマウスの人も多いようですし。
 そういうとこは自由民権に?がっているとは思いますね。

西村 国予算も減った。補助金もなくなった。公共事業も減った。観光客も減りました。外部的要因で経済の仕組みを考えましたら、高知県のような地方はますます衰退してしまいますね。
 やはりこれは「内発的な経済」と言うか、文化と歴史を誇りに思ったうえで、再構築をしなければならないと思うのですが。竹村さんはそのあたりをどのように考えられるのでしょうか?

竹村 この街をどう楽しむか、いかに海や山を楽しむか。まずそういうことだと思います。自分自身としてこの街をどう楽しむのか。どう仕掛けて展開していくのか。そういうところがポイントであると思いますね。
 高知に住んでいる人たちが、自分らなりの面白さをやっていただければこれほど面白い街はありませんね。僕らも皆楽しいかなと感じますね。

(関連写真は竹村直也さんのブログより転載させていただきました。)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月16日 (日)

BBSとblogとSNSについて 7月21日(金)

村 今週のゲストは、高知ブログアンテナを主催されているデザイナーでコンサルタントである竹村直也さんです。今日のテーマは「BBSとblogとSNSについて」お話をお聞きします。
 高知ブログアンテナhttp://a.hatena.ne.jp/sawaman18/では高知の300近くのブログ(274)が登録されています。

 BBSと言えば「2ちゃんねる」http://www.2ch.net/とか、そのローカル版である「高知BBS」http://f40.aaa.livedoor.jp/~kochibbs/などがあります。また高知県庁が予算を出している「ぷらっとこうち」http://www.plat-kochi.com/index.shtmlなどもありますね。「BBSの時代はもう終わった」のでしょうか?」

竹村  終わってはないとは思います。むしろこれから残り続けるメディアであると思います。匿名性の高いメデイァはネットの特性ですし、匿名ならではの情報交換の場であるでしょうし。形は変わるでしょうが、これからも残るとは思いますね。BBSも。

西村 ブログも既成メディアに取り上げられた時期http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/cat4355831/index.htmlもありました。しかし一過性のものでした。情報はブログのほうがたくさん満載されていますし、BBSの書き込みよりはなぜか「安心感」を感じるのですがそのあたりはどうなのでしょうか?

竹村 ブログのほうがBBSに比べて匿名性は低いと思います。匿名よりは顔が見えたほうが、信頼もしやすいし。当然やと思うんですね。
 

西村 私はしたことがないので、理解度は低いと思います。SNShttp://ja.wikipedia.org/wiki/SNSについて竹村さんは評価をされているようです。最近はどうなのでしょうか?300万人が加盟しているようなのですが。BBSやブログとはどのように変っているのでしょうか?
竹村 SNSは自分はmixi(ミクシィhttp://ja.wikipedia.org/wiki/Mixiというところへ入っています。そこに入って知り合いになるのはもともと知っている人とか、そのなかでお互いの素性がわかって友達になるとか。
 そういうところなんですね。BBSやブログで書くよりは、「気楽に」書けますね。そういうところがありますね。
 最近僕はブログのほうで書かずに、mixiのほうばかりで書いています。

西村 確かmixiは誰かの紹介で入会するのですね。仲間内での安心感が一番のポイントなんでしょうか?

竹村 そうですね。気楽さですね。安心感。昔の大学時代の県外の友人とか、小学以来全然会ってなかった友人など。mixiでばったり会ったりとか。その辺が意外と面白いものですね。

西村 それはかmixiはひとつの「コミュニティ」になっているのでしょうか?

竹村 「出会い系」に対して、mixiを「知り合い系」といっている人もいますね。

西村 BBSなんかですと、少しの言葉の行き違いなどで、感情的になったりしますね。mixiはそういうことにはならないのですね。

竹村 ならないでしょう。自分はなったことはなったことはありません。

西村 BBSとblogとSNSもそれぞれ、長所と短所があるようです。竹村さんはどのように使い分けをしているのでしょうか?

竹村 BBSは「情報が欲しいとき。」。ブログは「情報を出したい時」。SNSは「プライベートで情報交換したい時」とかただ日誌を書きたい時なんかです。

西村 コミュニケーションを深める時にはSNSを使うわけですね。

竹村 そうですね。

Pratkochi_1 西村 高知県庁のBBSである高知県政情報課が管理運営している公共掲示板「ぷらっとこうち」http://www.plat-kochi.com/index.shtmlについてコメントをブログでされておられました。おかまいない範囲でご紹介下さい。

竹村 なかなか難しい問題があるとは思いますね。県とか運営委員会の人達が。「杓子定規」的なところに来ていますね。対抗する側も「意固地になる」ようになりますね。ならざるを得ないと言うか。
 1利用者としてたまに覗きに行きますと、参加者のコメントの仕方が、お互い「喧嘩を吹っかけている」ようなところがありますね。
 それで長々と見ていくと突然県の人が出てきて「削除」になったりしていますね。「削除の理由」を長々と書いてあったり。。。とてもじゃないけど「怖くて書けない。」正直なところです。
 禁止事項がやたら多く、削除があったりとか。見ていてとにかくめんどう。
 県が関わっているから仕方がないことが多いけれども、県が関わっているから禁止事項や削除になるのだから。めんどうですね。
 今流行のアウトソーシング。はやめに民間の人にやってもらうとか。県の名前を外すとか。そうしませんと変らないでしょう。

西村 この「ぷらっとこうち」は高知県のホームページのトップページにリンクを貼っていますし。皆は高知県がやっているBBSと思いますね。
 そのわりにはあまり見ている人が多くないし、書いている人も限られていますし。そこに「公共性」があるのかなと思いますね。

竹村 結局若い世代ですね。自分らぐらいの20代、30代の者が書いているのを殆ど見たことがありません。
 上の世代の人たちが議論しているだけで。僕らの世代が書けるような「ゆるさ」と言うか、そういうものがありませんと。
 結局県のお金で上の世代の対立を作っているだけのものではないでしょうか。僕らから見たらそう思います。

西村 インターネット上での「実名」と「匿名」についてはどのように考えるべきなのでしょうか?
 あるべき姿はどうなのでしょうか?

竹村 匿名あってのインターネットというものもありますし。匿名で行きたい人は匿名で行けば良いし。実名の人は実名で行けば良いでしょうし。
 匿名ですと「信用性は落ちる」でしょう。実名だと言って実際に嘘ついている人もいるわけですね。ネットである以上は難しいところですね。

西村 ネットもメディアですからね。テレビへ出てくる人も芸名で出て本名とは別の名前で出ていますね。出た以上は露出した部分の情報についての責任はありますね。
 ネットであろうがテレビであろうが同じであると思いますね。

竹村 そういう点ではSNSは安心感があるのですね。SNSではペンネームですが、その人がどういう素性の人なのかはその人のページへ行けばわかりますし。
 この人はもしかしたら「けんちゃんかな」と言ってアクセスできるわけですし。その情報を見まして、その人の日誌を見ますとわかりますよね。
 そういう部分でSNSは面白いと思いますね。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年7月10日 (月)

ブログの可能性 ブログの限界について 7月14日(金)

 今週のゲストは、高知ブログアンテナを主催されているデザイナーでコンサルタントである竹村直也さんです。今日のテーマは「ブログの可能性 ブログの限界について」お話をお聞きします。
 <a href="http://a.hatena.ne.jp/sawaman18/">高知ブログアンテナ<a/>では高知の300近くのブログ(275)が登録されています。

西村 竹村さんにあらためてお聞きしますが、ブログの良いところ。可能性というのはどんなところにあるのでしょうか?

竹村 これはけんちゃんもあちこちに書いたり、話したりしていますね。気軽に情報発信が出来る。ということですね。

西村 そうですね。従来のホームページではホームページのソフトがあったとしても作成するには、物凄い時間と労力が慣れてもかかりました。

竹村 体力要りますよ。

西村 私も前の番組である」<a href="http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/">「けんちゃんのどこでもコミュニティ<a/>時代は、1週間5回分の原稿ですが、1回分1時間かかって合計5時間かかってテープ起こしと要約筆記。更にそれをホームページに加工するにはレイアウトや画像の挿入、リンク表示など余分に3時間かかりました。
 ブログであれば、テキストファイルで打ち込んだ時点で、画像があれば、そのままホームページにその場で加工が出来ますね。労力は5分の1になりました。

竹村 そうですね。徹夜することもなくなりましたよ。昔はホームページを作成していたら、気がついたら「朝だった」ということもしばしばでしたし。
 ブログになってからは早めに寝ることが出来るようになりましたし。

西村 昨年から、今年の初めにかけましてローカルメディアにおきましてもテレビや新聞などでブログのことやブログ愛好者が取り上げられました。竹村さんは「取り上げ方が問題ではないか」と苦言を呈していました。
 マスディアのブログに対する取り上げ方それはどのようなところにあるのでしょうか?

竹村 何社が取材を受けました。ある社から依頼があったときに嫌だなと思ったことがありました。以前取材されたことと同じような、内容。
 パターンが同じ。取り上げられるブログ作成者も同じ人。それでは面白くはないと思いますね。
 3~4回取材されましたが、いつも自分の<a href="http://mukade.camera-talk.com/">百足館<a/>と<a href="http://dokodemo.cocolog-nifty.com/">けんちゃんのブログ<a/>と、<a href="http://ukiki.exblog.jp/">ウキウキブギブギ<a/>の3つのブログばかり取り上げられました。
 他にも面白いブログがあるのに、全然取材してくれなくて、いつもその3つのブログばかり取り上げられていました。それはおかしいなと思いました。

Blog01nagase

西村 竹村さんのブログやウキウキブギブギは長時間取材されているようですが、私のほうは最後の来られて「ついでに」と言う感じ。
 一体何しに来たのだろうと思いました。これはメディアの人達が,ブログを理解していないか、下に見ているのか。そのあたりどう感じられましたか?

竹村 どういう風にアップしているのですか?とか何を書いているのですか?という質問が多かったですね。(ブログを見ればすぐわかることです。)
 それに答えるのは正直苦痛ですね。

西村 最近竹村さんは「ブログに飽きてしまった」とも言われていますがそういうところも原因ですか?

竹村 2年ぐらい前から。百足館のブログを作成していますが、こちらではやりたいこと、書きたいことは書いてしまいました。
 これか書かないとか。飽きたということではなくて、暫くすると書き出すと思います。

西村 全国的に見て、竹村さんが注目されているブログはありますか?それは「その他大勢」のブログとはどういうところが違うのでしょうか?

竹村 それほどしゃかりきにブログを読んではいません。ただ面白いなと言うブログはありますね。
 読んでいて文章に勢いとか、メロディがありますね。読んでいて楽しくて次は何を書いているのかな。そういうブログはありますね。
昔に「サムライ魂」というサイトがありました。変な文章でした。字が大きくなったり、小さくなったりして。本当にメロディと勢いだけのサイトでしたが、そういうブログであれば見ていて面白いですね。中味がつまらなくても引き込まれますね。

西村 ブログの限界、至らなさはどういうところであると竹村さんは思われていますか?

竹村 自分はもともとフリーペーパーをやっていました。そこから派生して来た人間なのでどうしても紙メディアに比べますと、読み応えがない。そこがあるのかな。
 サイトのデザインもブログですとどうしても字が並んだ状態になりますし。印刷物でないので残らないですね。ブログは。
 印刷物は修正がなかなか出来ないけれども、ブログですと簡単に修正が出来る。ですので印刷物にくらべて言葉がブログは少し軽いのではないかとも思いますね。
 読みたいブログが少ないというにもそのあたりに原因があるのではと思います。

Harimayablog_1

西村 作成することが簡単であるぶん、思い入れと言うか「軽く」なるということですね。

竹村 そこはブログの良さでもありますが、物足りなさでもあるうようですね。

西村 ブログは今後発展していくのでしょうか?またどのようなブログになるべきなのでしょうか?

竹村 だいぶ変わるでしょうし、発展もするでしょう。この2年間でも変わりましたし。デザインなんかも。今後変わって欲しいなということもありますね。
 ブログは左側にナビゲーションがあって、右に本文があるような構造ですね。ずらっと字が並んでいますね。
 それが新聞社のサイトのように見出しがあって、好きな記事をそこからでも読めるとか。デザインも「見やすいブログ」になって欲しいなと思いますね。

西村 それはYahooのような形態になりますね。

竹村 情報を見て、自分で好きな情報を自分で徴集できるような。デザインが出来ればいいですね。ブログはずらっと字が並びますしね。

西村 新しい記事が上へ来て、古いものが下へ下がってとか・・。
カテゴリーでブログは分類はされますが、そのカテゴリーがわかりにくいと言いますか・・・。
 探すのが難しいところがありますね。

竹村 その辺がどのように変わるのか、、改良されるのかでしょうか。その辺でストレスを溜めている人もいますので・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 4日 (火)

高知ブログアンテナから見えたもの 7月7日(金)

 今週のゲストは、「高知ブログアンテナ」http://a.hatena.ne.jp/sawaman18/を設置されている竹村直也さんです。竹村直也さんはデザイナーであり、地域コンサルタントでもあります。またART NPO TACOの理事もされています。このブログアンテナには高知県関係者のブログが現在275登録されています。その数はどんどん増加しているようです。

西村 最初は50程度でしたが、ブログを作成する人が高知でも爆発的に増加してきたのでしょうか?

竹村 最初は、去年の夏ぐらいでしょうか設置したときは、最初は50くらいのブログを入力しました。それから追加していました。昨年の暮れから今年の初めくらいには一気に爆発的にブログの数が増えて来ました。
 多いときは日に10とか20くらい入力したこともありました。最近仕事が忙しく管理をさぼっています。あんまり増えていませんね。


西村ブログアンテナに登録されているブログの特色や傾向はあるのでしょうか?

竹村 それはあんまりそういう視点では見ていません。なにかこしらえている作家の人とか、カメラ、写真をやっている人とか。市民活動的な人とか。個性的なまちづくりなんかしている人。とかいうブログが目立つのかなと思いますね。
 あとは農業とか、環境とか。「なになにが育った」という記録系とか。意外と面白しろいのは、製造業の社長さんのブログとか、酒蔵とかIC屋さんとか。

西村 製造業の社長さんと言えば「社長ブログ」なんてものもありましたね。今はおやめになられたホリエモンさんなんかが有名でしたし。

竹村 ホリエモンの社長ブログを見て、参考にしたんでしょうか。

西村 社長ブログですと実名で社名入りでブログにしているのでしょうか?

竹村 顔写真入で、社名入りですね。

西村 会社のセールス、売るために、社長の人柄を全面にブログで出しているのでしょうね。気軽に見ていただこうという狙いなのでしょうか?

06619002

竹村 そうだと思いますね。仕事が忙しいようで、「久しぶりの更新です。」とか言うブログも多いようです。

西村 ブログの更新頻度ですが。どんなんでしょうか?毎日更新している。めったにしない。いろいろでしょうが?設置はしたものの動いていないブログなどもあるのではないでしょうか?

竹村 あんまり見ていないので。ひところに比べてペースがやや落ちているのでしょうかね。たまにしか更新しないのりになっているのではないでしょうか。

西村 ブログアンテナの設置は画期的であると思いますね。ブログ愛好者同士の交流などもあるのでしょうか?差し支えない範囲でご紹介ください。

竹村 アンテナが出来て少し後に、ブロガーである20代とか30代の日田たちでオフ会のようなものをしたことがあります。
 けんちゃんにも1度来ていただいたことがありましたね。少し世代の上の人にも来ていただいて飲んだり話したりしています。
 ブログは家でパソコンに向かって書いているだけではつまらないのいで。ブログをしている人は基本的には「話したがりや」が多いですね。
 なかなか楽しいですね。2~3ヶ月に1度でしょうかね。オフ会は。

西村 ブログアンテナでブログが表示されているから、その人のブログを見ていけば、自分のブログにリンクしているのよりは広い視野で見ることが出来ますね。世間様が見えるんですね。
 若い人のネットワークですか。何人くらいの規模になっているのでしょうか?

竹村 20人程度になっているのですようか?30人近くになっているかもしれませんね。

Bologarofkai_r

西村 ブログを作成するぐらいですから、皆さん「自己表現力がある」ということなのいでしょうね。

竹村 目立ちたがり屋ということでしょう。

西村 ブログアンテナの登録ブログでどのサービス会社のブログが多いのでしょうか?

竹村 整理して見てみますと、LIVEDOORとGOOがだいぶ多いようですね。シーサーは最近の人。昔からブログしている人は、ココログとかエキサイトとか結構多いですね。
 最近では自前のサーバーでブログを作成している人も見かけますね。
 
6)竹村さんおではないですが、「ブログランキング」というのを時折見かけますが、あれはどのような意味があるのでしょうか?
 ブログの文面で「ここをクリック」とか言う表示があるのですけれども・・。

竹村 あれで上位にくれば来客者が増えるのか。四国ブログランキングでしたらカテゴリー別にランクがあるので、工夫しているのでしょう。

西村 模索している最中でしょうね。

竹村 ランキングの上位を目指すとブログも更新するし、取材もするからブログ活性化の効果はあるでしょう。

Blog1mm_thumb_2

| | コメント (0) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

うえるぱ高知 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | はりまや橋ブログサロン | まちづくりレポート | アジアの平和 | アニメ・コミック | イレクター関係 | ウェブログ・ココログ関連 | ゲストは中平公哉さん | ゲストは外京ゆりさん | ゲストは松尾美絵さん・下司孝之さん | ゲストは田植光男さん | サッカー論 | スポーツ | セーリング日誌 | チベット人権問題 | パソコン・インターネット | ビオトープと歴史資源の新堀川 | ブログ論 | マスコミ観察委員会 | リスクマネジメント | 住まい・インテリア | 健康問題 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 原子力問題 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 国政問題 | 土佐高知さん出演 | 天木直人さん講演会 | 好浦銧一さん出演番組 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さん講演会 | 島本茂男さん・中平崇士さん出演番組 | 市民参加のありかた | 市民派ブログ | 市民記者クラブ | 平和の問題 | 心と体 | 挑戦半島問題 | 政治家ブログ | 政治評論 | 教育問題 | 教育問題一般 | 文化・芸術 | 新堀川ー環境問題 | 旅行・地域 | 日本国憲法問題 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 東洋町サポータークラブ | 松田高政さん出演番組 | 横山隆一記念まんが館 | 橋本大二郎さん出演番組 | 歩いてみる高知市の姿 | 歴史の問題 | 沖縄を考える | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演番組 | 環境問題 | 県民マニフェスト大会 | 社会問題 | 社会思想 | 社会運動の再構築 | 福井照さん出演番組 | 福祉・バリヤフリー | 竹村直也さん(番組ゲスト) | 経済・政治・国際 | 芸能・アイドル | 若者支援事業 | 行政のありかた | 路上詩人はまじさん | 都市の中の自然 | 都市の姿 | 都市再開発論 | 野本靖さん出演番組 | 防災とブログの活用 | 防錆塗装の話 | 音楽 | 風俗営業法の大改正 | 高レベル放射線廃棄物問題 | 高知の観光問題 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知学研究所 | 高知市政の問題点 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県議会議員立候補者への公開質問状